[ETERNA] V.ノイマン/ゲヴァントハウスo. マーラー:交響曲9番

Mahler - Vaclav Neumann, Gewandhausorchester Leipzig - Sinfonie Nr. 9

通常価格:20,000円 税抜

20,000円 税抜

数量

商品コード: 1017-045t

作品名:マーラー:交響曲9番
演奏者:V.ノイマン指揮ゲヴァントハウスo.
プレス国:旧東ドイツ,Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:825 946-7
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×2,Wジャケット2枚組,2 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黒/銀グルーヴガード厚,1969年旧スタンパー/マトリクス:1A/2A/3B/4B,1969年製作(長ステレオ・ジャケット入り),これが初出,最厚・最古プレス,オリジナル,original
ジャケット:長ステレオ観音開中入ツヤW,背文字:あり,裏文字あり(独語),Ag 511/01/69,最古の年号:69(当盤),デザイン:Axel Dehsen,1969年初リリース,製作/印刷:VEBゴータ・ドルック社,オリジナル,original
トピックス:1967年ライプツィヒにて音響技師:ベルント・ルンゲによるモノラル/ステレオ録音,プロデューサー:Reimar Bluth,1969年発売の長ステレオは滅多にない希少盤!過去に3回入荷したのみ
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: ノイマンがETERNAで入れたマーラーの9番。オケの格の違いなのか、ノイマンがゲヴァントハウスo.を振った録音は非常に良い。渋く豊かな音色は、このマーラーでも生きている。派手さはないが、抑えた美学に彩られている。ETERNAの黒盤ステレオは、例えばDECCAのSXL2000番台のような凄みは無いにしても、自然なステレオ感の程よさと節度がある。あまり現実離れしたような音質は最初から考えていない。ETERNAの良さはそこにある。

関連カテゴリ

  1. 交響曲
▲トップへ戻る