[受注生産] ウィーン・コンツェルトハウスQt. / モーツァルト:アイネ・クライネK.525 他(ゴールドディスク仕様)

通常価格:¥ 1,620 税込

¥ 1,620 税込

数量

商品コード: CDR-128GD

作品名:モーツァルト:アイネ・クライネK.525 他
演奏者:ウィーン・コンツェルトハウスQt
プレス国:以下、原盤レコードの情報となります。
レーベル:英NIXA
レコード番号:WLP 5315(米ジャケ)
M/S:モノラル,mono
枚数・大きさ:
評価/レコード:
評価/ジャケット:
レーベルタイプ:こちらは完全受注生産のゴールドディスク仕様になります。傷に強く、データの耐用年数が上がります。※音質に違いはございません。また、製作に数日〜1週間ほど掛かりますのでご容赦ください。
ジャケット:
トピックス:赤/金ツヤF,厚紙(米WESTMINSTER WL 5315),英オリジナル・イコライザー・カーヴ補正済
キズ情報:

商品詳細: 本CDRの企画は、あるヴァイオリニストからの強い希望で実現した。「アイネ・クライネを弦楽四重奏で演奏したい、ついては最適の手本になるような音源はないだろうか」。同曲の録音は星の数ほどあるが、SQ版となると極めて少ないのが実情。その中から最初のLP録音と思われるウィーン・コンツェルトハウスQt.を取り上げることにした。この演奏こそが最もウィーン風であると考える。WESTMINSTER-レーベルは1949年、米の資本で発足し、ウィーンの録音を世界に発信する目的で始まった。特に1950年代にモノラル録音されたLPは現在もファンが多い。このアイネ・クライネも1954年頃の録音。ご承知のとおり、ウィーンには2つの名オーケストラがあり、一方のウィーンpo.からバリリQt.が、そしてもう一方のウィーンso.から、このコンツェルトハウスQt.が生まれた。これら2つの代表的Qt.は曲を分け合って録音しており、このアイネ・クライネはコンツェルトハウスQt.が担当した。この演奏の圧倒的なエネルギー、そして濃厚なウィーン風味は、他の団体には真似できない職人技だろう。見本としては到達不可能な演奏とも思えるが、最高の理想的演奏を知ることも大切。同Qt.は1967年、リーダーのアントン・カンパーの引退で解散する。今回、外観はWESTMINSTER-のジャケットを基にしつつ、音質を重視し英プレスのNIXA盤を使用した。米盤特有の強い軋みが抑えられている。R-IAAカーブ補正済。目立つキズは無い。

関連カテゴリ

  1. 当社製CD-R / CD
▲トップへ戻る