[ETERNA] H.ボンガルツ指揮 K.ザンデルリング指揮/ブラームス:セレナーデ2番Op.16,悲劇的序曲

Brahms - Serenade Nr.2 - Tragische Ouverture

通常価格:¥ 3,780 税込

¥ 3,780 税込

数量

商品コード: 1029-050

作品名:ブラームス:セレナーデ2番Op.16,悲劇的序曲Op.81
演奏者:H.ボンガルツ指揮ドレスデンpo.(セレナーデ),K.ザンデルリング指揮ドレスデンsk.(序曲)
プレス国:旧東ドイツ,Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:826 425
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:ED黒/銀グルーヴガード厚,Rights Society:記載なし,(P)なし,スタンパー/マトリクス:1A/2A(1974年の新小文字・ラウンドスタンパー・ETERNAタイプ),1974年製造分,モノラル存在せず,ED前存在せず,最古・最厚のプレス,ETERNA音源のETERNAプレス,オリジナル,original
ジャケット:EDツヤペラ,背文字:あり(黒色),裏文字:あり(独語),Ag 511/01/74,最古のジャケ裏年号:74(当盤),写真:Kilian,原画/被写体:ロダンの彫像「Die Enfuhrung」ドレスデン美術館所蔵,デザイン:Ultz Muller,ライナーノーツ:Hansjurgen Schaefer,製作:VEB Deutsche Schallplatten Berlin,印刷:VEBゴータ・ドルック社,オリジナル,original
トピックス:1972年ドレスデン・ルカ教会スタジオにて音響技師:クラウス・シュトリューベンによるステレオ録音,プロデューサー:ハインツ・ヴァグナー,K.ザンデルリングは悲劇的序曲Op.81,セレナーデ1番は825 016(V字ステレオ)/825 209(黒ステレオ),録音年代は離れる
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 1番は既に1960年に録音されており、820 209でモノラル発売、また'61年V字ステレオ825 016で、更に'67年に黒厚盤/長ステ・ジャケ825 209で発売された。是非その続編となる2番をお楽しみいただきたい。1972年、ブラームスEDに合わせて録音された。このEDジャケでオリジナル。余白にザンデルリンクの悲劇的序曲が入る。長年ドレスデンpo.の首席だったボンガルツ、ドレスデンsk.とは少し異なるトーンで我々の耳を楽しませてくれる。

▲トップへ戻る