[MELODIYA] テレマン:Vaソナタ,トリオ・ソナタ・,Vaソナタ,Va協奏曲/Y.ガンデルスマン(va) A.ウトキン(ob) 他

Yuri Gandelsman Teleman Instrmental Music

通常価格:¥ 3,780 税込

¥ 3,780 税込

商品コード: 1029-075n

作品名:テレマン:Vaソナタ・イ短調,トリオ・ソナタ・ハ短調,Vaソナタ・ホ短調,Va協奏曲ト長調
演奏者:Y.ガンデルスマン(va)A.ウトキン(ob)M.ミルマン(vc)S.ベズロドニー(cemb)ソリスト・アンサンブル
プレス国:旧ソ連,Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S10 26607
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:B リングウェアあり
レーベルタイプ:赤/黒RD(ロシアン・ディスク),グルーヴガード,GOST-なし,TU-なし,スタンパー/マトリクス2-2/1-1(ラウンド小文字スタンパー),プレ・メロディア/DL/SLレーベル存在せず,1988年初リリース,輸出仕様,製作工場:不明(MKと同じ工場と思われる,オリジナル,original
ジャケット:紙ペラ(アプレレフカ),WLIシリーズ,背文字:あり(黒色),裏文字:あり(タイトル),(C)1988,輸出仕様,ジャケット裏年号:Apt.なしZak.なし,美術/写真:不明,原画/被写体:J.Ruysdaelの絵画「River Crossing」,デザイン:E.Shlepyanova,製作/印刷:不明,オリジナル,original
トピックス:1986年ロシア国内でのアナログ・ステレオ録音,音響技師:V.Ivanov,プロデューサー:I.Slepnev,初入荷の珍品,ロシアの1986年録音は西側の1970年代録音と変わらない,Vaのための曲集、テレマンにヴィオラ・ソナタという曲種はなく・ソロソナタを指す
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: 初入荷のロシアン・ディスク、MELODIYAと同等である。1986年の録音ではあるがDGGなどの西側レーベルの常識を当てはめることは出来ない。勿論MELODIYAにもデジタル録音は存在するが聴けばデジタルとわかる。これはアナログ録音、聴いただけでは1970年のステレオ録音と変わらない。ヴィオラ奏者ユーリ・ガンデルスマンを主役としたLP。テレマンの室内楽3曲と協奏曲1曲を収録。但し協奏曲といっても小編成のアンサンブルとの演奏で室内楽として問題ない規模。MELODIYAでバロック作品が西側並みの時代考証を以て録音されるようになったのは1960年代後期頃からだろう。先駆けはR.バルシャイが1955年に創設したモスクワ室内管弦楽団だが、初期の録音、演奏は素晴らしいが様式は完全ではなかった。1980年代に入りロシア各地で小さなバロックアンサンブルが創設され本格的なる。この録音では様式は問題なく演奏もロシアらしい熱のあるもので、1970年代に始まった古楽器ピリオドスタイルとは一線を画す。曲はテレマンだが内容はVaを含む室内楽録音といってよい。無味乾燥や画一化とは正反対の血の通う演奏。

▲トップへ戻る