[His Masters Voice] E.ムラヴィンスキー指揮レニングラードpo./バルトーク:弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽,オネゲル:交響曲3番

Evgeny Mravinsky, Bela Bartok Music For Strings, Percussions and Celesta Honegger Symphony no.3

通常価格:¥ 6,480 税込

¥ 6,480 税込

数量

商品コード: 1036-036

作品名:バルトーク:弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽,オネゲル:交響曲3番
演奏者:E.ムラヴィンスキー指揮レニングラードpo.
プレス国:英国,England
レーベル:His Masters Voice
レコード番号:ASD 2964
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:赤/黒MELODIYA・ニッパー,グルーヴガード,Rights Society:記載なし,スタンパー/マトリクス:2/2(ラウンド小文字:ロシア録音を示す2YRMスタンパー)(P)1971,2曲ともMELODIYA音源からのカップリング替プレス,1971年製造1973年初リリース,MELODIYA音源のHMVプレス,英国分オリジナル,original
ジャケット:表コートペラ,背文字:あり(黒色),裏文字:あり(英語),ジャケ裏年号:なし,(P)1971(C)1973,写真:不明,原画/被写体:Yevgeny Mravinsky,デザイン:不明,ライナーノーツ:Robert Layton,製作:EMI Records Ltd.,印刷:Garrod & Lofthouse Ltd.,英国オリジナル,original
トピックス:バルトーク:1965年2月23日モスクワ音楽院大ホール・ライブ録音,MELODIYA:SM 02859(+シベリウス:交響曲7番),オネゲル:1965年2月28日モスクワ音楽院大ホール・ライブ録音,MELODIYA:CM 02857(+ショスタコーヴィチ:交響曲6番),HMVだけのカップリングで1973年初リリース,初入荷の珍品1
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 2曲とも1965年2月のモスクワ音楽院ライヴ録音。2曲は別々のLPでMELODIYAから発売。HMVでは193年頃。バルトーク/オネゲルというMELODIYAとは異なるカップリングで発売した。しかし録音が同じ場所で数日しか違わない2曲のカップリングは合理的である。MELODIYAの1970年代になってからの発売なのでHMVが単純に再版というのは間違い。当然音質も良い。。よく冷たいとたとえられる彼の演奏。2曲ともムラヴィンスキーには珍しい曲。しかもライヴも加わりいつもながらのムラヴィンスキー節が炸裂する。冒頭から漂う異様な空気感がこの後始まる爆炎を予感させている。曲が何かは関係なくなり、ただ会場に閉じ込められた囚人になってしまうのである。弱い弦楽に恐怖が募ってくる。心臓が弱い方はあまり聴かないほうが良いのかも。

▲トップへ戻る