[MELODIYA] D.オイストラフ(va/Vn)指揮. I.オイストラフ(vn)H.マヨフスキ(vc) 他/モーツァルト:協奏交響曲,2Vnのためのコンチェルトーネ

David Oistrakh Igor Oistrakh Mozart K.364 K190 Philharmonique de Berlin

通常価格:¥ 2,160 税込

¥ 2,160 税込

数量

商品コード: 1038-023n

作品名:モーツァルト:協奏交響曲K.364,2VnのためのコンチェルトーネK.190
演奏者:D.オイストラフ(va/Vn)指揮ベルリンpo. I.オイストラフ(vn)H.マヨフスキ(vc) 他
プレス国:旧ソ連,Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:SM 03889
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:白/黒ゴシック,GR.2.1-20,グルーヴガード,GOST-80,TU-なし,スタンパー/マトリクス4-3/3-1(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ),国内仕様,プレ・メロディアレーベルは存在せず,DL/SLレーベル存在する番号(未入荷),モノラル存在せず,1973年初リリース,ELECTROLA音源のMELODIYAプレス,モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」アプリラフスキー工場製作,再版,re issue
ジャケット:ツヤペラ(アプレレフカ),背文字:あり(黒色),ジャケ裏年号:Apt.36-8 Zak.929-2000,(P)なし(C)1974,裏文字:あり(露語),国内仕様,写真:不明 ,原画/被写体:David Oistrach,デザイン:不明,ライナーノーツ:不明,製作/印刷:Апрелевский Завод ,オリジナル・タイプ,original type
トピックス:1971-2年ベルリンでのステレオ録音,詳細不明,全集録音の1枚,ELECTROLAとの共同製作,ELECTROLA:1C 065-02326,ETERNA:826 481,バルシャイとのMELODIYA録音,コンドラシンとのDECCA録音等あり・ダビットは通算3回目?録音と思われる,MELODIYAは1973年DLレーベルで初リリース,但し初入荷の珍品
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: オイストラフが1971-2年、ベルリンpo.を弾き振りした独ELECTROLA録音(共同制作)。独番号は1C 065-02323-6、ETERNAでも826 478-81で出ている。MELODIYA、HMV、VSMからも出ている。モーツァルトに弱いダヴィッドだが、当盤は良い出来である。力を抜いたのが良かったのか、これなら辛口モーツァルト・ファンにも聴いてもらえると思う。色々な方法があるが本家MELODIYAのプレスは殆ど入荷が無かった珍しいプレス。録音こそベルリンだが、MELODIYA好きにはこちらが必要となるはず。K.364は息子のイーゴリとのセッションでダビットはヴィオラと指揮を担当、ヴァイオリンソロはイーゴリに譲っている。これこそがポイントで全体を通して洗練された音楽になっており誰の耳にも心地よいモーツァルトとなり受け入れられるだろう。

▲トップへ戻る