[Ducretet Thomson] P.バレンシア(voc) L.マラヴィラ(gt)/「スペインの音楽」アンダルシアの民謡集(フラメンコ)

opez Tejera ‎– Allegrias Y Penas De Andalucia (Joys And Sorrows Of Andalusia)

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 1,980 税込

数量

商品コード: 1039-041c

作品名:「スペインの音楽」アンダルシアの民謡集(フラメンコ)/ Variaciones(変奏曲),Fandangoes(ファンダンゴ),Noche En Santa Cruz(サンタクルスの夜),Soleares Y Seguiriyas(ソレアレスとセギリヤス),Judea(ユダ),Bulerias(ブレリアス),Granadina(グレナディン),Tarantas(タラタス)
演奏者:P.バレンシア(voc)L.マラヴィラ(gt)
プレス国:フランス,FRANCE
レーベル:Ducretet Thomson
レコード番号:LPG 8256
M/S:モノラル,mono
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:石像金輪内溝,フラット,Rights Society:BIEM,(P)なし,スタンパー/マトリクス:3/3(手書き大文字スタンパー・Ducretet Thomsonタイプ),M6スタンパーとパテキュラーの3種併存,パテプレス,1950年代のスタンパーによる1950年代製造分,ステレオ存在せず,SELMER存在するか不明(未入荷),これより古いタイプのスタンパー存在せず,Ducretet Thomson音源のDucretet Thomsonプレス,オリジナル,original
ジャケット:ツヤ厚紙,背文字:なし,裏文字:あり(仏語),ジャケ裏年号:なし,(P)(C)なし,写真:不明,原画/被写体:ゴヤの絵画 ,デザイン:R.W.,ライナーノーツ:Roger Cotte,製作:Ducretet Thomson,印刷:Imp.Keller paris,オリジナル,original
トピックス:1952年又はそれ以前のモノラル録音,詳細不明,1952年グランプリ・ディスク受賞,湯気が立つような熱気のある音,多少のサーフェース音あるが周期性のあるキズは無い,クラシックではなく分類的にはフラメンコ
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),多少の散発的ノイズはあるが目立つキズはない,時代的に普通の状態,古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 「スペインの音楽」と題された一枚で、1952年のグランプリ・ディスクを取っており、その頃の録音。ギターとギター伴奏付の歌曲で、ギターソロが5曲、歌が3曲である。「アンダルシアの民謡」とサブタイトルがあり、歌はアンダルシア地方の古い民族に伝わる歌。ルイス・マラヴィラというギター奏者の演奏が、スペインの空気そのものという印象。空気が濃厚だ。ギターの神様セゴビアとは違う凄味がある。歌は、あまりに民族色が強すぎて、クラッシック音楽とは異なるが現地でももうお目にかかれないような人間国宝のような歌手の叫びが耳にこびりつく。このペペ・ヴァレンシアなる歌手がピラール ロペス スペイン舞踊団の一員らしい。ピラール・ロペスはスペイン舞踊&フラメンコ界に偉大な足跡を残した人物。彼女は、1959年には来日を果たし、創成期の日本のフラメンコ界に大きな影響を与えたという伝説的なダンサー。クラシックではないので注意。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る