[Hungaroton] M.ペレーニ(vc) Z.コチシュ(pf)/バッハ(コダーイ編):3つのコラール前奏曲,ドビュッシー:Vcソナタ,小組曲,バルトーク:狂詩曲1番

Debussy, Bartók, Kodály, Miklós Perényi, Zoltán Kocsis ‎– Music For Cello And Piano

通常価格:¥ 13,200 税込

¥ 13,200 税込

商品コード: 1040-011n

作品名:バッハ(コダーイ編):3つのコラール前奏曲,ドビュッシー:Vcソナタ,小組曲,バルトーク:狂詩曲1番
演奏者:M.ペレーニ(vc)Z.コチシュ(pf)
プレス国:ハンガリー,Hungary
レーベル:Hungaroton
レコード番号:SLPD 31026
M/S:デジタル・ステレオ,digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黄/黒,グルーヴガード,Rights Society:ARTISJUS,(P)1989,スタンパー/マトリクス:A2/B2(ラウンド小文字スタンパー・HUNGAROTONタイプ),1980年代のスタンパーによる1989年頃製造分,モノラル存在せず,赤ステレオ/黄茶レーベル存在せず,最厚・最古プレス,Magyar Hanglemezgyarto Vallalat音源のHungarotonプレス,オリジナル,original
ジャケット:両面コートペラ,英語のリブレット付き,背文字:あり(黒色),裏文字:あり(マジャール/英/独/仏/露語),ジャケ裏年号:なし,(P)1989(C)なし,写真:Albert Kresz,原画/被写体:Jozsef Rippl-ronaiの絵画,デザイン:Hungaroton,ライナーノーツ:Zoltán Kocsis,製作:Magyar Hanglemezgyarto Vallalat (M.H.V.),印刷:Revai Nyomda Budapest,オリジナル,original
トピックス:1987年11月15日と1988年5月12日ハンガリーにて音響技師:Isutvan Zakariasによるデジタル録音,プロデューサー:Zoltan Hezser,入荷2度目の珍品,ドビュッシー:小組曲はコチシュによる編曲でこのLPでしか聴けないと思われる,バッハも素晴らしい,演奏:★★★★★,音質:★★★★★,レア・デジタル!1989年初リリース
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 1987年のデジタル録音だがペレーニ・ファンには重要なソナタ録音である。1952年生まれで4歳年下のピアニスト、ゾルタン・コチシュとの共演。彼はすでに国際派の年代であり、演奏も大胆さが出てくる。したがってリードを取るペレーニも自然と独自性を生かした大胆な表現が出来ている聴きごたえたっぷりのソナタ集である。特にA面頭のバッハのコラール・プレリュードに見るスケール感は過去に聴いたどのLPより顕著である。ピアノに若い人材を迎えた効果だろう。ドビュッシーのソナタも同様。オーケストラ曲である小組曲のチェロ編曲版は初めて聴いた。コチシュの編曲らしい、ペレーニも運指方を独自に開発したようだ、ドビュッシーの名曲がチェロで奏でられる夢のような演奏。バッハも素晴らしいがこの1曲のために購入しても損はない。バルトークはお国物とあって自身たっぷり、音もたっぷり。全てが五つ星の大満足LP!

▲トップへ戻る