[DECCA] E.アンセルメ指揮スイス・ロマンドo./ジュネーヴ大劇場cho. E.スポーレンベルク(s) 他/ドビュッシー:ペレアスとメリザンド(全曲)

Debussy - Erna Spoorenberg, Camille Maurane, George London, Guus Hoekman / Ansermet, L'Orchestre De La Suisse Romande ‎– Pelleas Et Melisande

通常価格:¥ 16,200 税込

¥ 16,200 税込

数量

商品コード: 1042-022

作品名:ドビュッシー:ペレアスとメリザンド(全曲)
演奏者:E.アンセルメ指揮スイス・ロマンドo./ジュネーヴ大劇場cho. E.スポーレンベルク(s)C.モラーヌ(br)G.フークマン(bs) 他
プレス国:英国,England
レーベル:DECCA
レコード番号:SET 277-9
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×3,箱入り3枚組,3 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:紫大デッカ中溝,ED2(EP3),グルーヴガード厚,Rights Society:BIEM,(P)1964(Recording first published),スタンパー/マトリクス:5G/1G/1G/1G/1G/1G(ストレート小文字スタンパー・DECCAタイプ),モノラル存在する,ED1存在する番号だが3枚ともED1が揃ったことは1度もない,ED1/ED2の混じりで今回と同一マトリクス,1960年代スタンパーによる1966年頃製造分,DECCA音源のDECCAプレス,第2版,2nd issue
ジャケット:外周黒クロス紙表コート,31ページのリブレット付き,背文字:あり(金色型押し),(P)なし(C)1964,ジャケ裏年号:なし,ジャケ裏文字:なし,写真:不明,原画/被写体:作者不明のイラスト,デザイン:不明,ライナーノーツ:Erik Smith,製作:The Decca Record Company Limited,印刷:Robert Stace.,折返しタイプ存在,オリジナル・タイプ,original type
トピックス:1964年8月スイス・ジュネーヴ・Grand Théâtre de la Villeにてモノラル/ステレオ録音,モノラル:MET 277-9,詳細不明,1964年ED1(EP2)レーベルにて初リリース,テキスト(台本):Maurice Maetelinck,初のステレオによる全曲録音と思われる,過去にED1×3の入荷はなく・存在してもかなり希少、またマトリクスはこれと同一と思われる,近年小デッカの入荷しかなかった
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 1902年に作曲され、印象主義の手法をオペラに用いた傑作といわれる「ペレアスとメリザンド」。中世の架空の王国の悲劇。ペレアスが(t)または(br)、メリザンドが(s)で、2人の物語という形で進行する。当盤ではC.モラーヌ(br)とE.スポーレンベルク(s)で、二人の掛け合いが実にフランス的。アンセルメは'50年代にも全曲録音を行っている。どちらも甲乙付けがたい名演であり、この盤を聴いた後には是非そちらも聴いていただきたい。

▲トップへ戻る