[ERATO] P.アモイヤル(vn) V.ハンドリー指揮/サン・サーンス:Vn協奏曲3番,序奏とロンド・カプリッチョーソ,ハバネラ

Pierre Amoyal interprete Saint Saëns, New Philharmonia Orch. - Dir. Vernon Handley ‎– Saint Saëns - Troisieme Pour Violin

通常価格:¥ 3,240 税込

¥ 3,240 税込

商品コード: 1044-055

作品名:サン・サーンス:Vn協奏曲3番,序奏とロンド・カプリッチョーソ,ハバネラ
演奏者:P.アモイヤル(vn)V.ハンドリー指揮ニュー・フィルハーモニアo.
プレス国:フランス,France
レーベル:ERATO
レコード番号:STU 70985
M/S:ステレオ,stereo(Gravure Universelle)
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:紫白/黒Σ,グルーヴガード,Rights Society:SACEM,(P)なし,スタンパー/マトリクス:1Y-380/2Y-DU1-380(ラウンド小文字スタンパー・ERATOタイプ),1970年代スタンパーによる1977年頃製造,モノラル存在せず,これより古いレーベル存在せず,ERATO音源のERATOプレス,オリジナル,original
ジャケット:見開両面コート,背文字:あり(黒色),裏文字:なし(本人写真),ジャケ裏年号:なし,(P)(C)なし,写真:Lauros-Giraudon,原画/被写体:作者不明19世紀の絵画/パリ・Carnavalet美術館所蔵,デザイン:Jacques Vatoux,ライナーノーツ:Serge Berthoumieux,製作:Erato Disques S.A.,印刷:Imp. Glory,オリジナル,original
トピックス:1970年3月20日パリ7区アディヤ劇場にてステレオ録音,音響技師:Pierre Lavoix,プロデューサー:不明,Éditions Costallatにより1977年にコピーライト登録された,オリジナル
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: ピエール・アモイヤル( Pierre Amoyal)は1949年パリ生まれのユダヤ系フランス人のヴァイオリニスト。12歳でパリ音楽院を一等賞(プルミエ・プリ)を獲得して卒業(当時、史上最年少)。その後ロサンゼルスに渡り、5年間ヤッシャ・ハイフェッツの元で学ぶ。ハイフェッツの元で徹底的に基礎技術から磨きをかけた。ハイフェッツが、弟子の中でその才能と技量に全幅の信頼を置いた唯一の弟子であり、室内楽のコンサートやレコーディングで共演も行った。アモイヤルが独り立ちしてハイフェッツの元を離れる時、ハイフェッツはギュスターヴ・ヴィヨームの銘器を自ら購入してアモイヤルに贈った。ハイフェッツ譲りのコシの強い美音と、速いパッセージを端正に演奏する正確さに加え、フランコ・ベルギー派の流れを受け継ぐ幅広いヴィブラートが挙げられる。独特の音の伸びや音色の多彩さを利用したテンポ・ルバートも個性的なものである。ERATOが1970年、新世代の看板奏者にした期待の星だった。1970年代後期録音としては意外なほど古典的スタイル。

▲トップへ戻る