[VALOIS] H.ドレフュス(cemb)/ラモー:クラブサン曲集-3/新クラブサン曲全集15曲(第4組曲)-

Rameau - Huguette Dreyfus ‎– L'Œuvre De Clavecin III - Nouvelles Suites De Pièces De Clavecin

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 3,300 税込

商品コード: 1045-070

作品名:ラモー:クラブサン曲集-3/新クラブサン曲全集15曲(第4組曲)--Allemande, Courante, Sarabande, Les trois mains, Fanfarinette, La triomphante, Doubles de la Gavotte--(第5組曲)--Les tricotets, L'indifferente, Menuets, La poule, Les triolets, Les sauvages, L'enharmonique, L'egiptienne
演奏者:H.ドレフュス(cemb)
プレス国:フランス,France
レーベル:VALOIS
レコード番号:MB 420
M/S:モノラル,mono
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:紫/銀段付, グルーヴガード厚, Rights Society:DP, (P)なし, スタンパー/マトリクス:1103/1104(ラウンド小文字スタンパー・ERATOタイプ), 更にM6スタンパーとパテキュラーの3種併存, パテプレス, 1960年頃のスタンパーによる1960年頃プレス, ステレオ存在する, VALOIS音源のVALOIS製作パテプレス, ERATOプレスとどちらが先かは不明, オリジナル, original
ジャケット:見開中紙ペラ, 背文字:なし, 裏文字:なし, 中に解説印刷, ジャケ裏年号:10/1960, 当社最古の年号:60(当ジャケ), (P)なし(C)1960, 写真:不明, 原画/被写体:Robert Planetのイラスト, デザイン:Robert Planet, ライナーノーツ:Frederic Robert, 製作:Disques Valois, 印刷:Imp. Desgrandchamps. Paris , 豪華ジャケット存在する, 第2版, 2nd issue
トピックス:1960年4月20-25日コペンハーゲン・Metronomeスタジオでのモノラル/ステレオ録音, 音響技師:Peter Willemoës, プロデューサー:Michel Bernstein, ステレオ:MB 920, 1960年10月頃初リリース, 演奏:★★★★, 音質:★★★★★, ドレフュス女史の最初期録音, ラモーは全3枚で発売された:MB 918-920/718-20/418-20, キンキンしない柔らかい音質は素晴らしい, 初入荷の大珍品!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), B面2時無音3センチのヘアラインあり, 古いプレスに付き多少のサーフェース音あり

商品詳細: 1960年に全3枚、連番で発売されたドレフュス女史のVALOISでの最初の録音と思われる。当社への入荷はないが布張りの豪華アルバムが限定でリリースされたが数は少ない様だ。プレスはVALOISで1960年から1-2年だけ行われたパテプレスで音質の良さは保証付き。ユゲット・ドレフュス(1928-2016)はアルザス出身のフランス人。1946年に名ピアノ教師のラザール・レヴィに師事。イタリアでランドフスカの高弟ルッジェーロ・ジェルリンにチェンバロを師事する。1960年にジェノヴァ国際チェンバロ・コンクールで優勝し、古楽、とりわけルネサンス音楽や、フランス・クラヴサン楽派の作品の復活における第一人者となった。多くのソロ録音、室内楽録音を残した。ドレフュスはレオンハルトたちとは全く芸風の異なる奏者。テンポは常に一定。表情は厳格で遊びが少ない。1960年代はそれまでの反動からドレフュスのようなタイプが多く出現した。明解な音を狂いもなく出し続けるには生半可の技巧では出来ない。完全な技巧の持ち主ほど下手な表現力に頼らない。それは時とともに変わってゆくもの。楽譜は変わらない。だから楽譜第一とする。それは正しい。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る