[MELODIYA] V.ポストニコワ(pf) G.ロジェストヴェンスキー指揮/プロコフィエフ:Pf協奏曲4,5番

S. Prokofiev - Victoria Postnikova, USSR Ministry Of Culture Symphony Orchestra , Conductor Gennadi Rozhdestvensky ‎– Concertos Nos. 4,5 For Piano And Orchestra

通常価格:¥ 3,780 税込

¥ 3,780 税込

商品コード: 1045-022n

作品名:プロコフィエフ:Pf協奏曲4番Op.53,Pf協奏曲5番Op.55
演奏者:V.ポストニコワ(pf)G.ロジェストヴェンスキー指揮ソビエト国立文化省so.
プレス国:旧ソ連,Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S10 30743
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:白/黒ゴシック,グルーヴガード厚,GR. 2 1-20,NW1,(P)なし,GOST-88,TU-なし,スタンパー/マトリクス:3-1/3-1(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ),DMMの刻印,国内仕様,モノラル存在せず,1980年代スタンパーによる1991年頃製造分,プレ・メロディヤ/DL/SLレーベル存在せず,ゴシックで初出,MELODIYA音源のMELODIYAプレス,モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」アプリラフスキー工場製作,オリジナル,original
ジャケット:両面コートペラ(アプレレフカ),写真・タイトル付き,背文字:あり(黒色),裏文字:あり(露/英語),輸出仕様,ジャケット裏年号:Apt.11-2 Zac.632-tirazh-4700,(C)なし,写真:B.Levitsky,原画/被写体:Victoria Postnikova,デザイン:V.Galkin,ライナーノーツ:不明,製作/印刷:Апрелевский Завод Грампластинок,オリジナル,original
トピックス:1985/1987年ロシアでのステレオ録音,音響技師:A. Pazuhins,プロデューサー:I.Slepnev,初入荷の大珍品,協奏曲全集録音の一つ,人気の女流ピアニスト・ヴィクトリア・ポストニコワ,ロジェストヴェンスキー婦人,演奏:★★★★★,音質:★★★★★,1991年ゴシックレーベルで初リリース,MELODIYAの1990年代プレスは西側の1970年代プレスと大差ないそれより音質良い,大推薦!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 美形の女流ピアニスト、ヴィクトリア・ポストニコワは1944年生まれのフリエール門下生。ネイガウス一派である。1970年のショパンコンクールで3位入賞。1969年、度々共演していた指揮者ロジェストヴェンスキーと結婚。これも1985、1987年の夫との共演。実にカチっとした音を出してくる。雰囲気を聴かせるサロン的な方向ではなく、ダイレクトに音のエネルギーを感じさせようとするタイプ。しかし、アンダンテ楽章では一転、スピードを落とす。メリハリの効いた大胆なピアニストだ。協奏曲は珍しい。1/3番は2回ほど入荷があった。4/5番は初入荷の珍品。全曲録音していると思われる。ポストニコワは2004年にロシア国民芸術家の称号を授与された。

▲トップへ戻る