[ERATO] A.ロンバール指揮ストラスブールpo. P.ジョリヴェ(fl)/ラヴェル:ボレロ, ラ・ヴァルス, ダフニスとクロエ第2組曲

Ravel - Orchestre Philharmonique De Strasbourg, Alain Lombard ‎– Boléro, La Valse, Daphnis Et Chloé Suite N° 2

通常価格:¥ 1,980 税込

¥ 1,980 税込      

数量


商品コード: 1046-052c

作品名:ラヴェル:ボレロ, ラ・ヴァルス, ダフニスとクロエ第2組曲
演奏者:A.ロンバール指揮ストラスブールpo. P.ジョリヴェ(fl)
プレス国:フランス, France
レーベル:ERATO
レコード番号:DC 04
M/S:ステレオ, stereo (Gravure Universelle)
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:青白/黒Σ, グルーヴガード, Rights Society:SACEM, (P)なし, スタンパー/マトリクス:1Y380/2Y380(ラウンド小文字スタンパー・ERATOタイプ), 1970年代スタンパーによる1975年頃製造, 1975年初リリース, モノラル存在せず, STE/竪琴レーベル存在せず, これより古いレーベル存在せず, ERATO音源のERATO製作プレス, オリジナル, original
ジャケット:見開両面コート, 背文字:あり(黒色), 裏文字:なし(ジャケ写真), ジャケ裏年号:なし, (P)1975(C)なし, 写真:PhotoX, 原画/被写体:Alain Lombard, デザイン:不明, ライナーノーツ:Serge Berthoumieux, 製作:Erato Disques S.A., 印刷:Imp. Glory. Paris, RCAフランス供給, オリジナル, original
トピックス:1975年又はそれ以前のストラスブールでのステレオ録音, 音響技師:Pierre Lavoix, プロデューサー:不明, Éditions Costallattにより1975年頃コピーライト登録された, 青レーベルにて初リリース・オリジナル, すぐ後STU 70930(白系のジャケット)に番号変更, DC番号はラヴェルの生誕100年記念用のデモンストレーション用に最初に製作された特別番号!

商品詳細:指揮者アラン・ロンバール(1940-)はパリ生まれ。リヨン国立o.の指揮者として1961年にデビューした後、渡米してニューヨークでレナード・バーンスタインの助手を務める。1971年から1983年までストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任。その間にEMIやエラート・レーベルに数々の録音を残す。1972年に、アルザス=ロレーヌ地方(ストラスブール、コルマール、ミュールーズ)の出身者からなる混成アンサンブルにより、ラン国立歌劇場(仏語:Opéra national du Rhin)を旗揚げする。1970年代ERATOの看板指揮者のひとりとなった。生粋のパリジャンなのでフランス物に対する感性は一流。もともとオペラ指揮者だけありオーケストラ作品に対する構成力も非常に良い。地方オケのストラスブールpo.は1855年にストラスブール市立劇場のオーケストラとして設立された。長らく名称はストラスブール市立管弦楽団だったが、1972年に現在の名称となる。ハンス・プフィッツナー、オットー・クレンペラー、ハンス・ロスバウト等大物が歴代指揮者を務め決して二流オケではない。安価に聴けるフランスオケ作品集としてお薦め。




【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)