[DECCA] V.アシュケナージ(pf) A.プレヴィン指揮ロンドンpo./ラフマニノフ:Pf協奏曲4番, パガニーニ狂詩曲

Rachmaninov - Vladimir Ashkenazy, London Symphony Orchestra, André Previn ‎– Piano Concerto No. 4 • Rhapsody On A Theme Of Paganini

通常価格:¥ 2,750 税込

¥ 2,750 税込

数量

商品コード: 1048-035p

作品名:ラフマニノフ:Pf協奏曲4番Op.40, パガニーニ狂詩曲Op.43
演奏者:V.アシュケナージ(pf)A.プレヴィン指揮ロンドンpo.
プレス国:英国,England
レーベル:英DECCA
レコード番号:SXL 6556
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:小デッカED5, グルーヴガード厚, Rights Society:BRITLCO, (P)1972, スタンパー/マトリクス:13G/7W(ストレート小文字スタンパー・DECCAタイプ), 1970年代のスタンパーを使った1972年頃製造分, モノラル存在せず, これより古いED4レーベルは存在する, ED1/2/3は存在せず, 最厚・最古プレスではない, これより古いマトリクス存在する, 英DECCA音源の英DECCA製作プレス, 第2版 2nd issue
ジャケット:表コートペラ, 背文字:あり(黒色), 裏文字:あり(英語), 裏年号:なし, (P)なし(C)1972, 写真:John Thomson, 原画/被写体:ピアノと楽譜のコラージュ, デザイン:John Thomson, ライナーノーツ:Caine Alder, 製作:The Decca Record Company Limited, 印刷:Upton Printing Group, 折返付きジャケットは存在せず , オリジナル, original
トピックス:4番:1970年10月ロンドン・キングスウェイホールでのステレオ録音, 音響技師:Kenneth Wilkinson, プロデューサー:Christopher Raeburn, パガニーニ狂詩曲:1971年11月同会場でのステレオ録音, 音響技師:James Look , プロデューサー:Ray Minshull , 1972年Hawkes & Sonによる商標登録・初リリース, 1970-1年全集録音の単売・初出品, 全集箱: SXLF 6565-7 存在
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 若かりし日のアシュケナージが1970/71年、プレヴィンと入れたラフマニノフ協奏曲全曲。全集は箱も存在。アシュケナージは、最高難度のこれらの曲を完璧な技巧で颯爽と弾く。ラフマニノフの音の重なりや旋律の美しさを実にうまく表現していて、この時期の彼の充実ぶりが、演奏によく現れている。2人はプロコフィエフも全曲録音。個性の異なる協奏曲を見事に弾き分けており、これら名演を気軽に聴き比べることができる。単売少ない。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る