[ERATO] B.ビアンキ/A.ピトレリ(mand) P.トーゾ(vn) C.シモーネ指揮/ヴィヴァルディ:Mand協奏曲集/2台Mand協奏曲, 1台Mand協奏曲 他

Vivaldi, Claudio Scimone, I Solisti Veneti ‎– Les Concertos Pour Mandolines / Concerto Pour Violon Discordato

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 3,300 税込

数量

商品コード: 1048-063b

作品名:ヴィヴァルディ:Mand協奏曲集/2台Mand協奏曲P.133, 1台Mand協奏曲P. 134, 2つのトゥロンバ・マリーナ風ヴァイオリン、2本のリコーダー、2つのマンドリン、2本のシャリュモー、2つのティオルバとチェロのための協奏曲P.16, Vn協奏曲「Con Violino Discordato」Rv.583
演奏者:B.ビアンキ/A.ピトレリ(mand)P.トーゾ(vn)C.シモーネ指揮イ・ソリスティ・ヴェネティ
プレス国:フランス,FRANCE
レーベル:ERATO
レコード番号:STU 70545
M/S:ステレオ,stereo(Gravure Universelle)
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:B 上部に傷みあり
レーベルタイプ:青白/黒Σ土手, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, スタンパー/マトリクス:1Y/2Y(ラウンド小文字スタンパー・ERATOタイプ), 1970年代のスタンパーによる1970年頃製造, 1974年頃初リリース, モノラル存在せず, STE存在せず, これより古いステレオ・レーベル存在せず, ERATO音源のERATO製作・プレス, オリジナルタイプ, original type
ジャケット:見開両面コート, 背文字:あり(黒色), 裏文字:あり(仏語), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)なし, 写真:Lauros Giraudon, 原画/被写体:G.Guardiの絵画「la Piazetta et le Palais Ducal vus du bassin Saint-Marc」, デザイン:Jacques Vatoux, ライナーノーツ:Claudio Scimone, 製作:Erato Disques S.A., 印刷:Imp. Glory. Carpel, オリジナル, original
トピックス:1970年又はそれ以前のイタリアでのステレオ録音, 音響技師:Peter Willemoes, プロデューサー:不明, 1970年Éditions Costallatにより商標登録, 同年初リリースされたと思われる, これは1973年頃のプレスだがこれより古いレーベルの入荷はない, 演奏:★★★★, 音質:★★★★, ソロの二人はイ・ソリスティ・ヴェネティ(I Solisti Veneti)のメンバーではない, イ・ソリスティ・ヴェネティはイタリアの団体, いかにもイタリア風のスタイル, 曲名は可能な限り記載した
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: イ・ソリスティ・ヴェネティ(I Solisti Veneti)は、イタリア・ヴェネツィアを本拠地とする17人の弦楽アンサンブルである。ヴェネツィア合奏団、ヴェネツィア室内合奏団とも呼ばれる。曲により管楽器も参加する。1959年にクロード・シモーネにより設立された。レパートリーはバロックを中心に近代の弦楽合奏曲まで演奏する。知られざる作品の紹介を積極的に行い、日本へのツアーも頻繁に行っている。イ・ムジチとは時代が異なるがそのスタイルも相当異なりイ・ムジチがラテン色の強烈な動的団体とすれば、イ・ソリスティ・ヴェネティはずっと抑えた色彩で落ち着いた静的な演奏を好む。フランス的な部分もあるがやはり彼らの音色はイタリアらしさにあふれる。今までなかった団体でありイ・ムジチになじめなかった方にはぴったりだろう。今回メンバー13人と外部から招いたマンドリン奏者2人の合奏。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る