[ERATO] J.F.パイヤール指揮J.F.パイヤール室内o./ヘンデル:水上の音楽(原典版)

G.-F. Haendel / Orchestre De Chambre Jean-François Paillard ‎– Water Music

通常価格:¥ 1,320 税込

¥ 1,320 税込

数量

商品コード: 1049-061b

作品名:ヘンデル:水上の音楽(原典版)
演奏者:J.F.パイヤール指揮J.F.パイヤール室内o.
プレス国:フランス,France
レーベル:ERATO
レコード番号:STU 70045
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:紺白竪琴/黒枠, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, スタンパー/マトリクス:1YDN/2YDN(ラウンド小文字スタンパー・ERATOタイプ), 1960年代スタンパーによる1968年頃製造, 1960年頃初リリース, モノラル存在する(LDE 3143), ピンクSTEレーベル存在する, これより古い番号(STE 50045)存在する, ERATO音源のERATO製作・プレス, 再版, re issue
ジャケット:見開両面コート, 背文字:あり(黒色), 裏文字:なし(ジャケカラー写真), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)なし, 写真:Lauros Giraudon, 原画/被写体:17世紀の絵画「vue de chateau de Chantilly」, デザイン:Jacques Vatoux, ライナーノーツ:Jean-François Paillard, 製作:Erato Disques S.A., 印刷:Imp. Chaumes. Paris, STE 50045・見開アーチ型STEREOタイプ存在する, 再版, re issue
トピックス:1960年又はそれ以前のモノラル/ステレオ録音, 3回録音中の初回録音, 詳細不明, LDE 3143/STE 50045が初出番号, 1960年外溝レーベルでモノラルと元に初リリース, Éditions Costallattにより1960年にコピーライト登録された, 原典版での最初の録音と思われる, パリ・Heugel & Cie社の楽譜使用, その後少なくとも2度再録音している, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★, 高音質録音, レートリッヒ版(ハレ版)の録音はこれ以外に殆どない, 再版・安価!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 水上の音楽では,それまで慣例だったクリュザンダー版に対して,全曲を3つの組曲に分けるハレ版(1962年刊)を初めて採用したのがジャン・フランソワ・パイヤール(1928年仏)。ERATOに最も多くの録音を残した指揮者。パリ音楽院、モーツァルテウム音大(マルケヴィチに師事)で学び1953年ジャン・マリー・ルクレールEns.を創設。これが1959年パイヤール室内o.へと発展。ERATOのスタイルを彼が作ったと言っても過言ではない。バロック作品に専念した。ソリストのM.アンドレ、ランパル、ジャリ、ラスキーヌ、ピエルロ達は行動を共にし、ここでも多くが参加。これぞフランスの音と言えるアンサンブル!魅せられた日本人は多い!水上の音楽には4種程度の版が存在する。原典版の最初の録音と思われる。従来の英国系演奏とは大きく印象が異なる小編成演奏。再版だが元々の録音が非常に良いので十分満足の行く音質!





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る