[MELODIYA] M.プレトニョフ(pf)/チャイコフスキー:四季Op.37a(全12曲)

P.Tchaikovsky - Mikhail Pletnev

通常価格:¥ 6,480 税込

¥ 6,480 税込

商品コード: 1050-031n

作品名:チャイコフスキー:四季Op.37a(全12曲)/1月 炉端にて,2月 謝肉祭,3月 ひばりの歌,4月 松雪草(雪割草),5月 白夜(五月の夜),6月 舟歌,7月 刈り入れの歌(草刈り人の歌),8月 収穫の歌(取り入れ),9月 狩りの歌(狩),10月 秋の歌,11月 トロイカで,12月 クリスマス週(=聖誕祭から主顕節までの期間)
演奏者:M.プレトニョフ(pf)
プレス国:旧ソ連,Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:A10 00325
M/S:デジタル・ステレオ,digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:赤/黒ゴシック,グルーヴガード厚,GOST-なし,TU-なし,GR.2 2-25,スタンパー/マトリクス1-1/1-1(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ),DMM刻印あり,プレ・メロディア/DL/SLレーベル存在せず,ゴシックレーベルで初出,1980年代スタンパーによる1990年頃製造分,1988年初リリース,国内仕様,モスクワ後期試験工場「Aprelevsky」アプリラフスキー(アプレレフカ),オリジナル,original
ジャケット:紙ペラ(アプレレフカ),背文字:あり(黒色),裏文字:あり(露/英語),ジャケット裏年号:Apt.11-8 Zak.194-TIR-1000,(C)1988,写真:不明,原画/被写体:Boris Kustodievの絵画,デザイン:I.Bulavin,ライナーノーツ:V. Chinayev,製作/印刷:Апрелевский Завод Грампластинок,オリジナル,original
トピックス:1986年ロシアでのデジタル録音,音響技師:M.Pakhter,プロデューサー:I.Slepnev,1988年ゴシックレーベルにて初リリース,入荷2度目の希少盤,チャイコフスキーは他にA10 00611(PfソナタOp.37,子供のアルバムOp.39),S10 18217-20(18の小品Op.72,3つの小品Op.9)などが存在,これはプレス年1990だがオリジナルと同等(1988年プレスの入荷はない・前回は1991だった),演奏:★★★★★,音質:★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: ミハイル・プレトニョフは1957年ロシア・アルハンゲリスク生まれ、イグムノフ一派のフリエールに師事。ダヴィドヴィチやケレル、ウラセンコ達と同門。丁寧に弾き込む演奏は、'70年代にあって目立つ存在。バッハ:パルティータ、モーツァルト:ソナタ集2枚は1980年代の奇跡のような録音で、知る人ぞ知る大注目のピアニスト。1980年代中期のチャイコフスキーの録音も数点ある。ここでも彼の特色である遅いテンポで丁寧に弾き込むスタイルが魅力。「四季」はロシア作品だけあって多くのロシアンスクールのピアニストが録音しているがそれぞれ固有の特徴が出て面白い。プレトニョフはモーツァルト同様、大変しっとりとしている。彼のモーツァルトにシンパシーを感じた方にはお宝級のLPとなるだろう。

関連カテゴリ

  1. ピアノ / Piano
▲トップへ戻る