[MELODIYA] L.デードワ(pf)/グリーグ:抒情小品集~14曲/蝶々,愛の歌 ,小鳥 他

Grieg - Larissa Dedova ‎– Lyric Pieces

通常価格:¥ 10,800 税込

¥ 10,800 税込

商品コード: 1050-021n

作品名:グリーグ:抒情小品集~14曲/蝶々Op.43-1,愛の歌 Op.43-5,小鳥Op.43-4,夜想曲Op.54-4,小人の行進Op.54-3,秘密Op.57-4,彼女は踊るOp.57-5,郷愁Op.57-6,幻影Op.57-3,夏の夕べOp.71-2,昔々Op.71-1,小妖精Op.71-3,余韻Op.71-7,ハリングOp.71-5
演奏者:L.デードワ(pf)
プレス国:旧ソ連,Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S10 27955
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:白ゴシック,グルーヴガード厚,NB1,GOST-88,TU-なし,スタンパー/マトリクス3-1/3-1(ラウンド小文字スタンパー),1980年代スタンパーによる1989年頃製造分,DL/SLレーベル存在せず,1989年初リリース,国内仕様,モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」工場製作,オリジナル,original
ジャケット:紙ペラ(アプレレフカ),背文字:あり(黒色),裏文字:あり(露/英語),(C)1989,輸出仕様,ジャケット裏年号:Apt.10-9 Zak. 431 Tirazh 5960,写真:B.Palatnik,原画/被写体:Larissa Dedova,デザイン:V.Dudakov,製作/印刷:Апрелевский Завод Грампластинок,オリジナル,original
トピックス:1982年ステレオ録音,音響技師:S.Pazukhin,プロデューサー/編集:I.Slepnev,オボーリン、マリーニンの弟子,イグムノフとネイガウス両方のスクールから教えを受けた才女,4つしかない録音の一つ,超美演・大推薦!ロシアピアニズムの奥深さを考えさせられる1980年代録音!1989年初リリース・オリジナル,次回があるか答えられない希少盤!今年注目度マックスの女流ピアニスト!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,軽度の無音スレあり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: ラリサ・デードワは1951年生まれの女流。当初モスクワ音楽院でオボーリンの生徒だったが、師の亡き後マリーニンに師事した。マリーニンはこう述べている。「デードワは驚嘆すべき天性のピアニズムを有している。芳醇な音色の色調と巧妙な振幅の取り方のなんと見事な事よ」。佐藤泰一氏も「将来のモスクワ音楽院を背負って立つ人」と絶賛。中でもこのグリーグはギレリスのそれを凌駕するとしている。驚くほど多彩な音色を使い幻想的に描くグリーグ。全く見事!近年デードワのレコードを待ち望む声がちらほら出てきた。全く嬉しい限り。MELODIYAには年代に関係なく良い物がたくさんある事実が理解されつつある。

関連カテゴリ

  1. ピアノ / Piano
▲トップへ戻る