[DGG] E.ヨッフム/ベルリン国立歌劇場 G.ヤノヴィッツ(s) G.シュトルツェ(t) D.フィッシャー・ディースカウ(br)/オルフ:世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」

Carl Orff, Gundula Janowitz∙Gerhard Stolze∙Dietrich Fischer-Dieskau, Chor und Orchester Der Deutschen Oper Berlin, Eugen Jochum ‎Carmina Burana

通常価格:¥ 4,320 税込

¥ 4,320 税込

商品コード: 1052-070

作品名:オルフ:世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」
演奏者:E.ヨッフム指揮ベルリン国立歌劇場o.cho. G.ヤノヴィッツ(s)G.シュトルツェ(t)D.フィッシャー・ディースカウ(br)
プレス国:ドイツ,Germany
レーベル:DGG
レコード番号:139 362 SLPM
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:チューリップMIG,グルーヴガード厚,スタンパー/マトリクス:3A/2B,(P)1968,ALLE存在せず・フラット盤が存在せず,オリジナル
ジャケット:見開コート・リブ綴込,背文字:あり,(C)なし,裏年号:なし,裏文字:あり(独/英/仏/語),赤ステレオ・ツヤ・ジャケット存在せず,オリジナル,original
トピックス:1967年ベルリンにて音響技師:Klaus Scheibeによるステレオ録音,モノラル存在せず,1968年初リリース,ALLE・赤ステ・フラット盤存在しない,これがオリジナル,チューリップ最後期,2回目録音,オルフ監修
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: カール・オルフの名前より、カルミナ・ブラーナの名の方が有名。この曲は、舞台、映画、ドラマ、CM等あらゆるシーンで使われている効果音的な音楽であり、クラシック通でない人でも、一度は耳にしたことがあるはずだ。その独特の導入部のリズム感は、時代を超えて、人々の心を鼓舞する要素を持っているのだろう。このヨッフム盤は、ステレオ期の高音質録音の1つとして代表的であり、ベルリン・ドイツ・オペラ付のオケと合唱団が、渾然一体のパフォーマンス!赤ステ無し!

▲トップへ戻る