[DECCA] E.アンセルメ指揮 スイス・ロマンドo. S.ダンコ(s) G.スゼー(br) E.シュミット(org)/フォーレ:レクイエム

Fauré, Suzanne Danco, Gérard Souzay With L'Union Chorale De La Tour De Peilz And L'Orchestre De La Suisse Romande Conducted By Ernest Ansermet ‎– Requiem Opus 48

通常価格:¥ 8,640 税込

¥ 8,640 税込

商品コード: 1053-010p

作品名:フォーレ:レクイエムOp.48
演奏者:E.アンセルメ指揮スイス・ロマンドo. S.ダンコ(s)G.スゼー(br)E.シュミット(org)
プレス国:フランス,France
レーベル:DECCA
レコード番号:SXL 2211
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:橙大デッカ,グルーヴガード厚,Rights Society:BIEM,(P)なし,スタンパー/マトリクス:1M/1M(ストレート小文字スタンパー・英DECCAタイプ),1960年代のスタンパーを使った1963年頃製造分,モノラル存在する,これより古い仏レーベル存在するか不明,最厚・最古仏プレス?,英DECCA音源の仏DECCA製作プレス,仏オリジナルタイプ,original type in Frace
ジャケット:折返表コート,背文字:あり(黒色),裏文字:あり(仏語),裏年号:11-62,(P)(C)なし,当社最古裏年号:11-62(当ジャケ),写真:不明,原画/被写体:作者不明の絵画,デザイン:不明,ライナーノーツ:Henry Jacques,製作:Decca Records France,印刷:Dehon & Cie Imp.,仏オリジナル,original in Frace
トピックス:1955年10月スイス・ジュネーヴ・ヴィクトリア・ホールにてモノラル/ステレオ録音,モノラル:LXT 5158は1956年初リリース,英国ステレオSXL 2211は1960年初リリース,英国DECCAのED1は相当高額(一時4万円超え),英国盤のマトリクスも1-M/1-Mが初出と思われる,英国マスターをそのまま使っているので音質は仏プレスの中でのトップランク,演奏:★★★★★,音質:★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: これがフランス・オリジナルのフォーレのレクイエム。ステレオの入荷は極めて少ない。ステレオになって教会内の空間に立体感が出て、空間がぐっと広がったような感じ。合唱もクリアー、盛り上がりにただならぬ気配を感じる。合唱とオーケストラが層をなすように重なり合い、パイプオルガンが左斜め上の方から遠くに聴こえ、あたかも教会内にいる雰囲気がある。細部までしっかりと虫眼鏡で覗いたような細かさで名曲が明らかになる。第一級オーディオファイル!! 英国盤は非常に高額!フランス盤のコストパフォーマンスはかなり高い!

▲トップへ戻る