[DECCA] E.クライバー指揮ウィーンpo./ウィーン国立歌劇場cho. H.ギューデン,L.デラ・カーサ,S.ダンコ(s) 他/モーツァルト:フィガロの結婚(全曲)

Mozart, Vienna Philharmonic Orchestra, Kleiber, Hilde Gueden, Lisa Della Casa, Suzanne Danco, Cesare Siepi, Alfred Poell, Fernando Corena ‎– Le Nozze Di Figaro

通常価格:¥ 32,400 税込

¥ 32,400 税込

数量

商品コード: 1053-041t

作品名:モーツァルト:フィガロの結婚(全曲)
演奏者:E.クライバー指揮ウィーンpo./ウィーン国立歌劇場cho. H.ギューデン,L.デラ・カーサ,S.ダンコ(s)C.シエピ(bs)A.ペル(br) 他
プレス国:ドイツ,Germany
レーベル:DECCA
レコード番号:SXL 2087-90
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×4,箱入り4枚組,4 single records
評価/レコード:8/7  片面にシール貼りあり
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黒/銀パノラマステレオ内溝,グルーヴガード厚,オートマチック・カップリング,(P)なし,Rights Society:CC,スタンパー/マトリクス:5E/4K/(ラウンド小文字スタンパー・独DECCA初期タイプ),1960年代スタンパーによる1961年頃製造の製造分,英DECCA録音の独DECCA製作TELEFUNKENプレス,これより古いステレオ・レーベル存在せず,これより古いスタンパー存在するか不明,独ステレオ・オリジナル,original in germany
ジャケット:外周布張両面コート箱,7ページのリブレット付き,ロゴ入り内袋入り,背文字:あり(金色型押),ジャケ裏文字:なし,ジャケ裏年号:なし,当社最古ジャケ裏:不明,(P)(C)なし,写真:不明,原画/被写体:セザール・シエピとイラストのコラージュ,デザイン:不明,ライナーノーツ:Hans Joachim,製作:»Telefunken-Decca« Schallplatten GmbH,印刷:不明,独オリジナル,original in germany
トピックス:1955年ウィーンでのモノラル/ステレオ録音,詳細不明,英国では1955年モノラルがLXT 5088-91で初リリース,1960年ステレオがSXL 2087-90で初リリース,ドイツではステレオは1960年代初期に初リリースと思われる,英国ステレオED1は一時15万円を超えた高額アイテム,ステレオが欲しいが英国盤は無理という方にお勧めのドイツ・1960年代初期プレス!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 独プレスの殆どがSKA 25021という番号で英DECCAと同じSXLナンバーの入荷はほとんどない。ベームの魔笛、コシ、クリップスのドン・ジョヴァンニと並ぶ世紀の名演。中でもこのフィガロの録音が音の良さ、演奏、圧倒的優位性を考えると4大DECCA録音の中でもトップ。英プレスは超高額。個人的にはモノをお薦めしたいが、どうしてもステレオという方に、英プレスと同じ音ではないが、切れの良いダイナミズムと厚みのある有機的な音が味わえる当盤をお薦めする。ドイツ盤だがステレオ最初期のSXL番号4枚組で英国盤と同一カップリング。英国盤の価格を考えると1/5の価格は現実的である。個人的には音質の点でモノラルをお勧めしたいが世の中にはどうしてもステレオで無ければだめという方は多い。そうした方にお勧め。モノラルをお持ちの方には必要のないアイテム。

▲トップへ戻る