[MELODIYA] O.カガン(vn) D.オイストラフ指揮モスクワpo. ソロイスツEns./モーツァルト:Vn協奏曲2番K.211,Vnとオーケストラのためのロンド1,2番

Mozart, Oleg Kagan, Solists Ensemble Of The Moscow Philharmonic, David Oistrakh ‎– Violin Music - Oleg Kagan Plays No.2 rondos

通常価格:¥ 3,240 税込

¥ 3,240 税込

数量

商品コード: 1054-014n

作品名:モーツァルト:Vn協奏曲2番K.211,Vnとオーケストラのためのロンド1番K261,Vnとオーケストラのためのロント2番K.269
演奏者:O.カガン(vn)D.オイストラフ指揮モスクワpo.ソロイスツEns.
プレス国:旧ソ連,Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S10 12031
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:赤/黒SL(シングルレター),グルーヴガード厚,2GR. 1-20,GOST-73,TU-なし,スタンパー/マトリクス:3-1/3-2(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ),国内仕様,1970年代のスタンパーによる1979年頃製造分,1979年SLで初リリース,モノラル存在せず,プレ・メロディア存在せず,最厚・最古プレス,MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス,モスクワ・グラムザピス「Gramzapis」実験工場製作,オリジナル,original
ジャケット:紙ペラ,(グラムザピス),背文字:あり(黒色),裏文字:あり(露語),(C)なし,国内仕様,ジャケット裏年号:Apt.36-8 Zak.なし,写真:不明,原画/被写体:モーツァルトの肖像イラスト,デザイン:不明,ライナーノーツ:不明,製作/印刷:Московский Опытный Завод Грамзапись«Грамзапись»,オリジナル,original
トピックス:1978年頃のロシアでのステレオ録音,詳細不明,3/5番(SM 01917)は1970年,1/4番(SM 03307)は1972年録音,2番/ロンド(S10 12031)は遅れて録音の為番号はSM--ではない,またプレスも極めて少ない
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: オレグ・カガン(1946-1990)、モスクワでオイストラフに師事、'64~'68年に4つの国際コンクールで入賞(うち優勝2回)。1969年からリヒテルとの共演が増え「リヒテル・ファミリー」の中核となる。癌のため43歳の若さで逝去。妻でチェリストのグートマンは、リヒテルとともに独バイエルン州のヴィルバート・クロイトでカガン音楽祭を継承した。モーツァルトは2枚4曲録音。カガンは普段は控えめで、大きく前には出ないが、ここでは師のオケで良く歌い、楽しんでいるのがわかる。過去に1/4番と3/5番というカップリングの入荷はあったが2番は一度も入荷が無かった。初の単売入荷!

▲トップへ戻る