[MELODIYA] G.クレーメル(vn) V.ネルソン指揮モスクワ国立po./ベートーヴェン:Vn協奏曲

Beethoven - Gidon Kremer, Moskauer Philharmonie ‎– Violinkonzert Waldemar Nelsson Akademisches Sinfonieorchester Der Staatlichen Moskauer Philharmonie

通常価格:¥ 4,860 税込

¥ 4,860 税込

数量

商品コード: 1054-016n

作品名:ベートーヴェン:Vn協奏曲Op.61
演奏者:G.クレーメル(vn)V.ネルソン指揮モスクワ国立po.
プレス国:旧ソ連,Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S10 6933
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:青/銀SL(シングルレター),グルーヴガード厚,2GR. 1-20,GOST-73,TU-なし,スタンパー/マトリクス:3-3/3-2(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ),国内仕様,1970年代のスタンパーによる1976年頃製造分,1976年SLで初リリース,モノラル存在せず,プレ・メロディア/DL存在せず,最厚・最古プレス,MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス,モスクワ・オールユニオン「Vsyesayuznaya」工場(シサユーズナヤ),オリジナル,origin
ジャケット:紙ペラ(モスクワ・オールユニオン),背文字:なし,裏文字:あり(露語),(C)なし,国内仕様,ジャケット裏年号:Apt.36-8 Zak.なし,写真:不明,原画/被写体:作者不明のイラスト,デザイン:不明,ライナーノーツ:不明,製作/印刷:Всесоюзная Студия Грамзаписи,オリジナル,original
トピックス:1975年モスクワでのステレオ録音,音響技師:Eduard Schachnasarjan,プロデューサー:不明,1976年シングルレターで初リリース,3回のアナログ録音の中で最初の録音,その後DGG/Philipsへ録音している,シュトニケ作のカデンツァ使用,MELODIYAは初入荷,西側はEURODISC:88 482 KK
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: クレーメルのベートーヴェン協奏曲と言えば1981年のマリナー(PHILIPS)又は1979年のチャカロフ/ロンドンso.を思い出す方が多いと思われるが、これは1975年最初のモスクワ録音である。西側ではEURODISCプレスが出回っているがこれがMELODIYAのオリジナルで当社初入荷となる。1990年代になってアーノンクールとも共演があり、CD世代の方にとっては超が付く大物になってしまった。モノラル期をご存知の方取って、クレーメルのスタイルはある意味斬新ではあるまいか。カデンンツァはシュトニケ作を使用。モノラル期の名演から見れば軽く爽やかな印象である。現代曲を得意とするクレーメルらしいアプローチでこの古典的名曲を演奏。同じステレオなら彼のようにある程度抜けた演奏も悪くない。後のマリナー/チャカロフと比べて恐らくより謙虚な姿勢が感じられる。

▲トップへ戻る