[COLUMBIA] G.ツィピーヌ指揮 B.モンマルト(s) J.コラール(a) M.ルー(br)/オネゲル:オラトリオ「世界の叫び」

Orchestre National De France, Georges Tzipine ‎– Cris du Monde

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 3,960 税込

数量

商品コード: 1055-013

作品名:オネゲル:オラトリオ「世界の叫び」
演奏者:G.ツィピーヌ指揮フランス国立放送o./cho. B.モンマルト(s)J.コラール(a)M.ルー(br)
プレス国:フランス,France
レーベル:COLUMBIA
レコード番号:FCX 649
M/S:モノラル,monaural
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:紺/銀内溝,フラット,Rights Society:BIEM,(P)なし,スタンパー/マトリクス:21B/21B(ストレート小文字スタンパー・Patheタイプ),仏COLUMBIA録音を示すXLXスタンパー,M6パテスタンパーの併存のパテプレス,1950年代のスタンパーを用いた1957-8年頃のプレス,ステレオ存在せず,これより古いレーベル存在せず,英COLUMBIA音源の仏COLUMBIA製作パテプレス,オリジナル,original
ジャケット:棒付ボード厚,クロス紙,リブレット付き,背文字:あり(金色型押),裏文字:なし,裏年号:なし,(P)(C)なし,写真:不明,原画/被写体:カッサンドル工房のタイポグラフィー,デザイン:Atelier Cassandre,ライナーノーツ:Neville Mariner,製作:Pathé Marconi ,印刷:Mercure Ed. Paris,クロス紙の厚手ボードの初回分,オリジナル,original
トピックス:1957年頃のパリでのモノラル録音,詳細不明,初入荷の大珍品,世界初録音と思われる,René Bizetの詩によるオラトリオ作品でG.ツィピーヌ以外に録音は無いと思われる,1958年頃の初リリースと思われる
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: これが世界初録音と思われる。オネゲル(1892-1955)のオラトリオ「世界の叫び」。。多彩な作品を残したフランスの作曲家。フランス6人組のひとりである。この曲は1931年39歳での作品で初演は同年ゾーロトゥルン、詞はルネ・ビゼー。指揮のジョルジュ・ツィピーヌは非常に多くのオネゲル作品の初録音を一手に手掛けた指揮者であり、有名なクリスマス・カンタータや音楽物語「ニコラ・ド・フリュー」の初録音も行っているスペシャリストで、当時から親交が深かったと思われるが資料がない。この曲に関しては他に録音もなく付属のジャケットとほぼ同寸法のリブレットからも完全な決定的な録音としてリリースされたことがうかがえる。暗調な前奏曲から2分程度でテノールによる歌が現れる。すぐにソプラノに交代する。オラトリオとして作曲されたようだが宗教色は強く感じず舞台作品の印象が強い。静かな中にオネゲルの優れた構築力を特徴として、近代舞台芸術の礎のようであり、フランス・モノクロ映画の世界感が濃厚である。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る