[DECCA] W.ボスコフスキー指揮ウィーンpo. J.シーヴォ(vn) R.ルーハ(チンバロン)/ニュー・イヤー・コンサート・1967/J.シュトラウス2世:オペレッタ「ウィーンのカリオストロ」~序曲 他

Vienna Philharmonic, Willi Boskovsky ‎– New Year´s Concert 1967

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込

数量

商品コード: 1058-035

作品名:ニュー・イヤー・コンサート・1967/J.シュトラウス2世:オペレッタ「ウィーンのカリオストロ」~序曲, チャルダーシュ~オペレッタ「騎士パスマン」, オペレッタ「女王のレースのハンカチーフ」~序曲, ワルツ「謝肉祭の使者」Op.270, ポルカ・シュネル「浮気心」Op.319, ヨーゼフ・シュトラウス:ディナミーデン・ワルツOp.173, ポルカ・マズール「とんぼ」Op.204, ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ「小さな風車」Op.57, ワルツ「オーストリアの村つばめ」Op.164
演奏者:W.ボスコフスキー指揮ウィーンpo. J.シーヴォ(vn)R.ルーハ(チンバロン)
プレス国:英国,England
レーベル:DECCA
レコード番号:SXL 6332
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:S
レーベルタイプ:大デッカ溝ED2, Made in England by~, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)1967, スタンパー/マトリクス:1L/1L(ストレート小文字スタンパー・DECCAタイプ), ZALスタンパー, 1960年代のスタンパーを用いた1967年頃のプレス, モノラル存在する, ED1レーベル存在せず, これより古いレーベル存在せず, 最厚・最古プレス, 更に古いマトリクス存在せず, DECCA音源のDECCA製作プレス, オリジナル, original
ジャケット:表コートペラ, 背文字:あり(黒色), 裏文字:あり(英語), 裏年号:なし, (P)なし(C)1967, 写真: Erik Smith, 原画/被写体:Erik Smithのコレクションよりチョイス, デザイン: Erik Smith, ライナーノーツ:Robin Golding, 製作:The Decca Record Company Limited , 印刷:Robert Stace, 折返タイプの入荷はない, オリジナル, original
トピックス:1966年ウィーンでのモノラル/ステレオ録音, 詳細不明, モノラル:LXT 6332, 1967年の新年用に初リリース, British Celanese LimitedのラミネートClarlfoll使用, ED2が初出, 録音は1967年の説もあり・タイトルに年号の記載はなく1968年の新年用の可能性もある、そうなると1967年用が存在しなくなる, ED2オリジナルの入荷は多くない!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: ボスコフスキーの毎年恒例的に録音されてきた「ニュー・イヤ・コンサート」シリーズはそれぞれタイトルが付くものの何年分なのかジャケットに記載されていない。こちらで録音年と発売年の関係から推測して年号を入れている。これは1967年新年用と思われる。1975年、新年元日に初めてライヴ録音が行われるまでは半年以上前から録音が行われ新年を迎える前に発売されていたこともある。したがって何年用であるとジャケットに明記しにくかったのだろう。実演と録音が重なり世界に向けてTV中継がされてから年号は意味を持つようになった。これは1966年から録音が開始された1967年用の1枚である。1970年代中期までは曲がダブらないような工夫がされていた。ボスコフスキーがこの仕事を辞した1979年に一つの時代が終わった。少なくとも1955年から25回連続して実演を行ったことに敬意を表する。ボスコフスキーの録音はどれも聴くに価する内容であった。1980年からマゼールに代が代わりDGGに権利が移った。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る