[Columbia] E.シュヴァルツコプフ(s) O.アッカーマン指揮フィルハーモニアo./cho./オペレッタ・アリア集/ホイベルガー, ツェラー, レハール, J.シュトラウスII, ミレッカー, スッペ, シーチンスキー

Schwarzkopf / Philharmonia Chorus & Orchestra Conducted By Otto Ackermann ‎– Elisabeth Schwarzkopf Sings Operetta

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 3,300 税込

数量

商品コード: 1059-043

作品名:オペレッタ・アリア集/ホイベルガー:「オペラ舞踏会」, ツェラー:「小鳥売り」2曲, 「坑夫長」, レハール:「ロシアの皇太子」・「ルクセンブルク伯爵」2曲, 「ジュディッタ」, J.シュトラウスII(ベナッキー編):「カサノヴァ」, ミレッカー:「デュバリー」2曲, スッペ:「ボッカチョ」, シーチンスキー:ウィーン、わが夢の街
演奏者:E.シュヴァルツコプフ(s)O.アッカーマン指揮フィルハーモニアo./cho.
プレス国:英国,England
レーベル:Columbia
レコード番号:33CX 1570
M/S:モノラル,monaural
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:紺/金ツヤ音符段付, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:1N/1N(ラウンド小文字スタンパー・EMIタイプ), 英国モノを示すXAXスタンパー, 1950年代スタンパーを用いた1958年頃の製造分, 1959年初リリース, ステレオ存在する, フラット盤存在せず, 最厚・最古レーベル, 最古マトリクス, 英COLUMBIA音源のEMI製作プレス, モノ・オリジナル, original for mono
ジャケット:三方折返表コートペラ, 背文字:あり(黒色), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)1959, 裏文字:あり(英語), 写真:不明, 原画/被写体:Elisabeth Schwarzkopf, デザイン:不明, ライナーノーツ:William Mann, 製作:Columbia Graphophone Company Ltd. , 印刷:Garrod & Lofthouse Ltd., ラウンド折返タイプ存在する, 中身は初出, 第2版, 2nd issue
トピックス:1957年7月2-5日ロンドンでのモノラル/ステレオ録音, 詳細不明, 1959年コピーライト登録・同年当レーベルにてモノ/ステ同時初リリース, ステレオ:SAX 2283(高額), 1960年代HMVに移行してASD 2807で再版, 仏COLUMBIA:FCX 777/SAXF 158, M.カラスからオペレッタを歌うことに批判を受けたシュヴァルツコプフだが内容は大変良い, これははウィンナ・オペレッタと呼ばれドイツ語歌唱
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 1959年モノラル/ステレオ同時発売。ドイツ語オペレッタのアリア集。オペラより大衆的でメロディックな内容。シュヴァルツコプフの魅力に焦点を当てた企画。1970年代に入ると、いかにも声を出すのが辛そうになってくる彼女はさすがに忍びないが、この時期まだまだ健在。アッカーマンとの縁は深く、カラヤンも含め全6曲のオペレッタを録音。これは+1点のアリア集で抜粋ではない。1953年プロデューサー、ウォルター・レッグとの結婚で人生が変わったシンデレラ。シュヴァルツコプフの重要な遺産の一つ。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る