[DECCA] V.アシュケナージ(pf)指揮フィルハーモニアo./モーツァルト:Pf協奏曲23番K.488, Pf協奏曲27番K.595

Mozart / Vladimir Ashkenazy, Philharmonia Orchestra ‎– Piano Concertos · Klavierkonzerte No. 23, K.488 · No. 27, K.595

通常価格:¥ 4,950 税込

¥ 4,950 税込

数量

商品コード: 1059-027

作品名:モーツァルト:Pf協奏曲23番K.488, Pf協奏曲27番K.595
演奏者:V.アシュケナージ(pf)指揮フィルハーモニアo.
プレス国:英国,England
レーベル:DECCA
レコード番号:SXDL 7530
M/S:デジタル・ステレオ,digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:蘭銀赤青SC土手, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)1982, スタンパー/マトリクス:3V/5G(ラウンド小文字スタンパー・Philipsタイプ), デジタルを示すPDZALスタンパー, 1980年代のスタンパーを使った1982年頃製造分, モノラル存在せず, これより古いEDレーベル存在せず, 最厚・最古プレス, これより古いマトリクス存在するか不明, DECCA音源のDECCA製作オランダプレス, 英プレス存在せず, オリジナル, original
ジャケット:ツヤペラ, DIGITAL, 背文字:あり(黒色), 裏文字:あり(英/仏/独語), 裏年号:なし, (P)(C)1982, 写真:Michael Evans, 原画/被写体:Vladimir Ashkenazy, デザイン:不明, ライナーノーツ:Stanley Sadie, 製作:The Decca Record Company Limited, 印刷:Senol Printing Ltd., オリジナル, original
トピックス:1980年3月ロンドン・キングスウェイホールでのデジタル録音, 音響技師:Kenneth Wilkinson, プロデューサー:Christopher Raeburn, 1982年The Decca Record Company Limitedによりコピーライト登録・同年オランダ・レーベルで初リリース, アシュケナージ初の2曲(過去に録音なし), 演奏:★★★★, 音質:★★★★, 初入荷・レア・デジタル!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: バレンボイムとアシュケナージはピアニストと指揮者という2足のわらじを履くなどよく似た音楽家生活を辿ったが、1点完全に異なるのはモーツァルトの録音である。二人とも若い時期から取り上げていたのは同じだが、協奏曲の全曲録音を行ったバレンボイムに対し、アシュケナージは全曲録音は行わなかった。どちらも指揮者になってからべートーヴェンの32のソナタは録音している。1960年代で一度途切れたモーツァルトの録音を思い出したかのように1980年突然2曲1枚録音した。もちろん弾き振りである。オケは名門フィルハーモニアo.。自分には全曲録音できていないという心の葛藤がどこかにあったに違いない。彼は指揮者への華々しい転身には成功している。そんな彼の満足感を満たす企画だったに違いない。ジャけに写る彼の顔にそんな喜びが見て取れる。いつになく気負いのない穏やかな表現。そっと慈しむようなソロに本人の気分が表れている。聴いているこちらも同じように日常を忘れるような気分になれる。春の日差しにまどろむような力を抜いたリラックスした演奏。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る