[DGG] G.シノーポリ指揮チェコpo. プラハ・フィルハーモニックcho. R.コロ(t)/ブラームス:カンタータ「リナルド」

Brahms, Rene Kollo, Giuseppe Sinopoli, Prague Philharmonic Chorus, Czech Philharmonic Orchestra - Rinaldo

通常価格:¥ 2,200 税込

¥ 2,200 税込

数量

商品コード: 1061-020

作品名:ブラームス:カンタータ「リナルド」Op.50
演奏者:G.シノーポリ指揮チェコpo./プラハ・フィルハーモニックcho. R.コロ(t)
プレス国:ドイツ,Germany
レーベル:DGG
レコード番号:410 8651
M/S:デジタル・ステレオ,digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8
評価/ジャケット:A ジャケに少々シワあり・裏面右下にテープあり
レーベルタイプ:青2本線,DIGITAL,LC0173,グルーヴガード,Rights Society:DP,GT3,(P)1983,スタンパー/マトリクス:S5/S6(ラウンド小文字スタンパー・DGG新タイプ),1980年代スタンパーによる1983年頃製造分,これより古いレーベル存在せず,最厚・最古レーベル,更に古いマトリクス存在するか不明,モノラル存在せず,DGG音源のDGG製作プレス,オリジナル,original
ジャケット:両面コート,歌詞リブレット付き,背文字:あり(黒色),ジャケ裏文字:あり(タイトル),ジャケ裏年号:なし,当社最古ジャケ裏:不明,(P)1983(C)なし,写真:不明,原画/被写体:Giovanni B.Tieopoloの絵画[Zauberbann Armidas」ミュンヘン,デザイン:不明,ライナーノーツ:Peter Petersen,製作:Deutsche Grammophon GmbH ,印刷:Neef Wittingen,オリジナル,original
トピックス:1983年又はそれ以前のプラハでのデジタル録音,SUPRAPHONとの共同制作,箱が初出(2741 019)だが盤は同等,単売の初出,音響技師:Karl-August Naegler,プロデューサー:Dr.Hans Hirsch、録音監督:Wofgang Stengel,1983年Polydor International GmbHによりコピーライト登録・同年同装丁で初リリース,オリジナル,レアデジタル
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: ブラームスのマイナー作品。録音も少なく、他にJ.キングがアバド/ニューフィルハーモニアo.とDECCAに入れた1枚(1969年録音)が入荷しただけ。DGGにとっても初録音。LP1枚をまるまる使用。正直、メーカーにとっては採算が合う曲ではない。それでもDGGは遅ればせながらも録音。指揮者よりもテノール歌手のレパートリーとなる一曲。R.コロのクセの無い声で聴くと、悪くない。プラハ合唱団のクオリティも高く、決して駄作ではない。この録音で是非!





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る