[DGG] H.v.カラヤン指揮ベルリンpo. ウィーン楽友協会cho. G.ヤノヴィッツ(s) 他/バッハ:マタイ受難曲B.244(全曲)

Bach, Berlin Philharmonic, Herbert Von Karajan ‎– Matthäus-Passion

通常価格:¥ 3,240 税込

¥ 3,240 税込

数量

商品コード: 1062-003

作品名:バッハ:マタイ受難曲B.244(全曲)
演奏者:H.v.カラヤン指揮ベルリンpo./ウィーン楽友協会cho. G.ヤノヴィッツ(s)C.ルートヴィヒ(a)P.シュライアー(t)W.ベリー(bs) 他
プレス国:ドイツ,Germany
レーベル:DGG
レコード番号:2720 070
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×4,箱入り4枚組,4 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:青2本線,LC0233,グルーヴガード,Rights Society:DP,GT2,(P)1973,個別番号:2530 310-3,スタンパー/マトリクス:5S1/2S2/3S3/3S4/2S5/4S6(ラウンド小文字/手書きスタンパー・DGG通常タイプ),1970年代スタンパーを用いた1973年頃の製造分,これより古いチューリップ/GY8/GY9レーベル存在せず,最厚最古レーベル,DGG音源のDGG制作プレス,オリジナル,original
ジャケット:全面クロス厚紙箱,20ページのリブレット付,背文字:あり(金色型押),裏文字:あり(タイトル),ジャケ裏年号:なし,(P)1973(C)なし,写真:Siegfried Lauterwasser,原画/被写体:Jurgen Schmutzlerの絵画・Hamburg,デザイン:Elke Burghoff,ライナーノーツ:不明,製作:Deutsche Grammophon GmbH,印刷:Westermann.Braunschweig,オリジナル,original
トピックス:1972年2月から73年2月ベルリンでのステレオ録音,音響技師: Günter Hermanns,録音監督:Hans Weber,プロデューサー:Dr. Hans Hirsch,1973年Polydor International GmbHによりコピーライト登録・同年当装丁にて初リリース,1950年国際バッハ・フェスティバルでのモノラル録音あり(伊FOYER・FO 1046/'85年発売),英ColumbiaとDGGにこの他に録音はない
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: 1973年カラヤン2度目の録音。初回録音は1950年国際バッハフェスティバルでのライヴ録音なので正規録音に数えるかは考え方に要るだろう。それはイタリアFOYERから出ている。カラヤンにとって特に珍しいレパートリーである事は確か。でも彼ならではの大掛かりな舞台が用意され、ステレオ期らしく左右に大合唱が2組配置され、大人の合唱と少年合唱の混合チームだ。そして、ワルター、ベリーは’50年のライブに続き登場。エヴァンゲリストにはETERNAからシュライヤーを迎えている。イエスキリストはF.ディースカウ。他はカラヤンの録音にはおなじみのメンバーである。良い意味でお金と時間にモノを言わせた大掛かりだが現代的な演出。クレンペラーのマタイと、いい勝負になりそうなこのスケールはカラヤンだからこそ似合う。大作ほどつぎ込んだ物量にある程度比例した仕上がりとなる。そういう意味でDGGらしい大作ではある。その割り話題性は小さいのが残念な録音。青2本線でオリジナル。

▲トップへ戻る