[ARCHIV] K.リヒター指揮ミュンヒェン・バッハo.cho.E.マティス(s) 他/バッハ:聖霊降臨祭のためのカンタータ集

Bach - Edith Mathis • Anna Reynolds • Peter Schreier • Dietrich Fischer-Dieskau, Münchener Bach-Chor • Münchener Bach-Orchester, Karl Richter ‎– Pfingst-Kantaten (BWV 34 • 68 • 175)

通常価格:¥ 6,480 税込

¥ 6,480 税込

数量

商品コード: 1062-015

作品名:バッハ:聖霊降臨祭のためのカンタータ集/カンタータ34番「おお永遠の火、おお愛の源よ」B.34,カンタータ68番「げに神はかくまで世を愛して」B.68,カンタータ175番「彼は己れの羊の名を呼びて」B.175
演奏者:K.リヒター指揮ミュンヒェン・バッハo.cho.E.マティス(s),A.レイノルズ(a),P.シュライアー(t),D.フィッシャー・ディースカウ(br)
プレス国:ドイツ,Germany
レーベル:ARCHIV
レコード番号:2533 306
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8
評価/ジャケット:S
レーベルタイプ:青2本線,外周1.5cm盛上り,グルーヴガード,Rights Society:DP,(P)1976,スタンパー/マトリクス:S1-5/3S-2(ラウンド小文字スタンパー・DGGタイプ),1970年代スタンパーを用いた1976年頃の製造分,モノラル存在せず,これより古いカルテレーベル存在せず,1976年初出,最厚・最古レーベル,更に古いマトリクスが存在するか不明,ARCHIV音源によるARCHIV制作DGGプレス,オリジナル,original
ジャケット:見開両面コート,リブレット2枚綴じ込み,背文字:あり(黒色),ジャケ裏年号:なし,ジャケ裏文字:あり(タイトル他),(P)1975/76(C)1975/76,写真:Scala,原画/被写体:Hans Memlingの絵画「Pfingsten」ミュンヘン,デザイン:不明,ライナーノーツ:Reinhard Gerlach,製作:Archiv Produktion,印刷:Münstermann-Druck KG,オリジナル,original
トピックス:1974年2月27-8日・3月3日・5月19・21・25日・1975年1月3・4・23・24・26日ミュンヘン・ヘルクレスザールでのステレオ録音,音響技師:Hans-Peter Schweigmann,プロデューサー: Dr. Gerd Ploebsch(録音監督兼任),1976年Archiv Produktionによりコピーライト登録・同年当装丁にて初リリース,初入荷の珍品,これがオリジナル!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 生涯に200曲以上の教会カンタータを作曲したバッハ。ライプチヒのラミンから1958年に袂を分かち、ミュンヘンに自身の城を構えたカール・リヒター。同年の「マタイ受難曲」の録音でセンセーショナルに世に出た。大作と並行して翌1959年からカンタータ録音をコツコツ進めたが、1978年に75曲を終えたところで途絶え、3年後には世を去った。自らライフワークと自認し録音していただけに、完結できなかったことは残念だ。長期にわたる為に一概に論ずることは難しい。このリヒターのカンタータ録音は未だすべてのオリジナルが判明していないナゾ多き録音。1970年代に箱もので塊になって出たので完結させることはできるがオリジナルの単売に至っては未だ入荷していないものが多いと考えられる。今回この仕事を初めて24年目でオリジナルLPを初めて目にした。どこにでもありそうなありふれたデザインだが初入荷。リヒターをとことんやる方に是非!

▲トップへ戻る