[Harmonia Mundi] E.アーメリング,H.ルコムスカ(s) T.アルトマイア(t) G.レオンハルト(cemb) コレギウム・アウレウム/ヘンデル:カンタータ集

Haendel, Elly Ameling, Halina Lukomska, Theo Altmeyer, Collegium Aureum ‎– Kantaten Praise Of Harmony Nel Dolce Dell'Oblio Ah, Che Troppo Inegali, Silete Venti

通常価格:¥ 3,240 税込

¥ 3,240 税込

数量

商品コード: 1064-066

作品名:ヘンデル:カンタータ集/フィッリの夜の思い,ああ,何と不公平なことか,音楽の聖者を見よ,オラトリオ「ヨセフ」序曲,独唱カンタータ「風よ静まれ」
演奏者:E.アーメリング,H.ルコムスカ(s)T.アルトマイア(t)G.レオンハルト(cemb)コレギウム・アウレウム
プレス国:ドイツ,Germany
レーベル:Harmonia Mundi
レコード番号:1C 151-99620-1
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×2,Wジャケット入り2枚組,2 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:金/黒四角ロゴ,LC0761,グルーヴガード厚,Rights Society:記載なし,(P)1962/64/66,スタンパー/マトリクス:A1/B1/A1/B1(ラウンド小文字スタンパー・ELECTROLAタイプ),1970年代のスタンパーを用いた1974年前後の製造分,これより古いHM番号/プレス存在する,最古レーベルではない,マトリクスは初出と異なる,一部モノラル存在すると思われる,Harmonia Mundi音源のELECTROLA制作プレス,再版,re issue
ジャケット:見開両面コートW,背文字:あり(黒色),裏文字:あり(タイトル),ジャケ裏年号:なし,(P)1962/64/66(C)なし,写真:不明,原画/被写体:の絵画「Avant le Premier」ボン,デザイン:不明,ライナーノーツ:不明,製作:Harmonia Mundi s.a.,印刷:Imp.. Glory, Asnières,古い番号存在する,当番号のオリジナル,re isuue but original of this number
トピックス:1961-5年頃ドイツ・キルヒハイム・フッガー城の「糸杉の間」とスイス・アインジーデルン(Einsiedeln.)Klosterkircheでのモノラル/ステレオ録音,音響技師:不明,プロデューサー:Steve Vining,HMO 30401(当盤1枚目にあたる),HM 30636(当盤2枚目にあたる)が初出,これは内容変更なしの再版を2枚組としたヘンデル/カンタータ集
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: カンタータといえばバッハだがヘンデルも相当量のカンタータを作曲し優れた作品も多い。Harmonia Mundiが録音した作品ならば良い内容の曲を選りすぐってあるので心配はいらない。これは異なる2枚のヘンデル録音を合体したWジャケット2枚組。オリジナルはHMO 30401(当盤1枚目にあたる),HM 30636(当盤2枚目にあたる)で1960年代の録音であり一切内容の変更がない1970年代の再版である。完全なオリジナル主義の方には不当なLPだがヘンデルの知られていない良いカンタータを安価に聴きたい方には申し分のない2枚組。1枚目はアーメリング(s)ソロの2曲とアルトマイヤー(t)ソロの1曲が入ったもの。2枚目はH.ルコムスカ(s)ソロのカンタータ「風よ静まれ」にオラトリオ「ヨセフ」序曲をカップリングした1枚。いずれもコレギウム・アウレウムが器楽伴奏を行う。尚オリジナルは1960年代のプレスなので表面隆起の危険因子を含むプレスである。それを考慮すればこの2枚組は決して価値のない再版とは言えない。アメリングのソロはバッハ同様に素晴らしい。

▲トップへ戻る