[ETERNA] H.J.ロッチュ指揮バッハ・コレギウム・ムジクム A.オジェー(s)/バッハ:カンタータ79番,80番

Bach ‎– Kantate BWV 79 - Kantate BWV 80 Hans-Joachim Rotzsch Neues Bachisches Collegium Musicum Zu Leipzig

通常価格:¥ 3,240 税込

¥ 3,240 税込

数量

商品コード: 1064-005t

作品名:バッハ:カンタータ79番B.79,カンタータ80番B.80
演奏者:H.J.ロッチュ指揮バッハ・コレギウム・ムジクム/トーマス教会cho. A.オジェー(s)O.ヴェンケル(a)P.シュライアー(t)T.アダム(bs)
プレス国:旧東ドイツ,Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:827 640
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:ED青/黒,グルーヴガード厚,Rights Society:記載なし,(P)なし,スタンパー/マトリクス:1A/2A(ラウンド小文字スタンパー・ETERNA最新タイプ),1982年スタンパーによる1982年頃製造分,黒盤存在せず,ED以前のプレスは存在せず,これより古いレーベルは存在せず,ETERNA音源のETERNAプレス,オリジナル,original
ジャケット:ED紙ペラ,背文字:あり(黒色),ジャケ裏年号:不明,裏文字:あり(独語),Ag 511/01/83/A,当社最古の年号:83(当ジャケット),写真:Hansjoachim Mirschel,原画/被写体:Dom St-Prter/Paul,デザイン:Monika Prust,ライナーノーツ:Prof. Dr. Werner Neumann,製作: VEB Deutsche Schallplatten Berlin,VEB,印刷:VEB Gotha-Druck,オリジナル,original
トピックス:1981/1982年ライプツィヒ・Studio Paul-Gerhardt-Kircheでのステレオ録音,音響技師:Eberhard Richter,プロデューサー:Reimar Bluth,Ariola Eurodiscとの共同制作,ソプラノのオジュー絡みと思われる,1983年青レーベルにて初リリース,演奏:★★★★,音質:★★★★,バッハエディションのための録音
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: バッハEDのカンタータはED用に新しく録音された。そのうち教会カンタータはロッチュ(15枚)/ポンマー(1枚)が担当し、計16枚のLPに主要曲が収録された。これを集めることで、ステレオ期における内容、音質共に最高ランクのコレクションが完結する。当盤はそのうちの1つ。バッハEDで世俗カンタータを主に担当したシュライアー同様、ロッチュも歌手出身ながら、指揮は非常に良いセンスを持つ。二人ともほぼ同質の音楽観。必ず満足いただける録音と信じる。

▲トップへ戻る