[PHILIPS] P.シュライアー指揮ドレスデンsk. H.ドーナト(s)E.ビュヒナー(t)R.ホール(bs) / バッハ:クリスマス・オラトリオB.248(全曲)

Bach - Donath, Lipovšek, Schreier, Büchner, Holl, Trompetenensemble Ludwig Güttler, Rundfunkchor Leipzig, Staatskapelle Dresden, Peter Schreier ‎– Weihnachtsoratorium BWV 248

通常価格:¥ 16,200 税込

¥ 16,200 税込

数量

商品コード: 1066-002t

作品名:バッハ:クリスマス・オラトリオB.248(全曲)
演奏者:P.シュライアー指揮ドレスデンsk. H.ドーナト(s)E.ビュヒナー(t)R.ホール(bs)
プレス国:オランダ,Holland
レーベル:PHILIPS
レコード番号:420 2041
M/S:デジタル・ステレオ,digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×3,箱入り3枚組,3 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:銀アズキ帯土手,Digital Classics,LC0305,グルーヴガード,(P)1987(刻印もあり),Rights Society:記載なし,スタンパー/マトリクス:省略(ラウンド小文字スタンパー・PHILIPS新タイプ),1980年代のスタンパーによる1987年頃の製造分,最厚・最古プレス,これより古いレーベル存在せず,ETERNA音源のPHILIPS製作プレス,オリジナル,original
ジャケット:全面厚紙コート箱,リブレット付,背文字:あり(黒色),裏文字:あり(タイトル),ジャケ裏年号:なし,当社最古年号:不明,(P)(C)なし,写真:Matthias Creutziger,原画/被写体:作者不明のイラスト,デザイン:Marie-Sophie Méjan,ライナーノーツ:Robert Jordin,製作:Philips Phonografische Industrie B.V.,印刷:不明・オランダ製,当番号のオリジナル,ETERNA存在する,original of this number
トピックス:1986年11/12月・1987年1月ドレスデン・ルカ教会スタジオでのデジタル録音,音響技師:Eberhard Richter,録音監督:Horst-Dieter Käppler,プロデューサー:Reimar Bluth,PHILIPSとの共同制作,美術監督:Georg Kramer,ETERNA:729 159-61(過去に1度入荷しただけ),PHILIPS側は初入荷!1987年初リリース
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: 1986-7年のETERNA録音(729 159-61)ではあるがETERNAの入荷は過去に1度だけ、ハイライトは数回入荷した。これは西側プレスの全曲盤。初入荷で希少であるのは同様。年代的にETERNAは混乱が始まる時期で壁が崩壊した1989年には会社は閉鎖しているのでレコードを製造するどころの話ではなかったのだろうと想像が付く。ソプラノのヘレン・ドーナトは西側の人なのでPHILPSとETERNAの共同制作となった。当時ETERNAにはもう大作を制作する資金がなく西側レーベルの援助を受けるしかなかった。演奏家や歌手をドレスデンまたは東ベルリンに招きETERNA側で録音。マスターを分けるという形を取ったと思われる。そのため共同制作録音はETERNAと西側レーベルの2種が同時に存在する。大抵音質はETERNAのほうが良い。しかしETERNAでプレスがない場合は西側レーベルの出番となる。

▲トップへ戻る