[DECCA] R.ケル(cl) M.ホルショフスキ(pf) L.フックス(va) F.ミラー(vc)/モーツァルト:ClトリオK.498「ケーゲルシュタット・トリオ」,ベートーヴェン:Cl・Pf・Vcのためのトリオ

Mozart, Beethoven ‎– Trio In E Flat Major (K.498) / Trio In B Flat Major, Op. 11

通常価格:¥ 12,960 税込

¥ 12,960 税込

商品コード: 1067-011

作品名:モーツァルト:ClトリオK.498「ケーゲルシュタット・トリオ」,ベートーヴェン:Cl・Pf・VcのためのトリオOp.11
演奏者:R.ケル(cl)M.ホルショフスキ(pf)L.フックス(va)/K.498 F.ミラー(vc)/Op.11
プレス国:英国,England
レーベル:DECCA
レコード番号:BXTL 1011
M/S:モノラル,monaural
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:金外溝ツヤ,フラット,Rights Society:記載なし,(P)1972,スタンパー/マトリクス:1A/1A(ラウンド小文字スタンパー・HMVタイプ),3時:U/C,米DECCAモノラル録音を示すMGスタンパー,1950年代のスタンパーによる1953年頃の製造分,ステレオ存在せず,内溝レーベルが存在するか不明,BRUNSWICK:AXTL 1011と平行発売か?最古プレスと思われる,米DECCA音源の英DECCA製作プレス,英オリジナル,original in U.K.
ジャケット:折返紙ペラ,背文字:なし,裏文字:あり(英語),ジャケット裏年号:なし,(P)(C)なし,写真:不明,原画/被写体:Bain Bkidgeのイラスト,デザイン:Bain Bkidge,ライナーノーツ:不明,製作:The Decca Record Company Limited,印刷:Robert Stace & Co. Ltd.,オリジナル,original
トピックス:1950年米国でのモノラル録音,詳細不明,1951年頃米DECCA:DL 9543で初リリース,英国では1953年頃BRUNSWICK:AXTL 1011で初リリース,今回英DECCAレーベルは初入荷・同年発売と思われる,同一グループで異なるレーベルが存在するのは不思議な現象,演奏:★★★★★,音質:★★★★★,英DECCAの存在は今回の入荷で明らかになった
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 注目のK.498は名人ケルのクラリネットが、最高のプレス最良の音質で楽しめる。VaのL.フックスのサポートも素晴しく、ホルショフスキの手堅い土台の上で、ケルの至芸が花開く。クラリネットという楽器を極めた音だ。彼の音には哀愁があり、人の心を浄化する力があるように感じる。全身のこわばった力が抜けてゆく気がする。癒しの音だ。3人の名手達のほろりとさせる名曲。幸福な出会いだ。悪名高い米DECCA録音でありながら英DECCAプレスの音で聴けるという幸福!通常はBRUNSWICK(AXTL 1011)で出ているがなんとLXTと同じDECCAレーベルが存在していた。番号はLXTではなくBXTLだがレーベルデザインはLXT2000番台と全く同じ。ジャケデザインもこちらの方が断然良い。

▲トップへ戻る