[L'OISEAU-LYRE] T.ダート(cemb)指揮フィロムジカ・オブ・ロンドン/バッハ:合奏協奏曲B.1044, Cemb協奏曲4番B.1055, トリオ・ソナタB.1037

Bach - Philomusica Of London, Thurston Dart ‎– The Orchestral Works Bach Concertos BWV 1044 BWV 1055 Trio-Sonata B.1037

通常価格:¥ 7,700 税込

¥ 7,700 税込

数量

商品コード: 1068-001

作品名:バッハ:合奏協奏曲B.1044, Cemb協奏曲4番B.1055, トリオ・ソナタB.1037
演奏者:T.ダート(cemb)指揮フィロムジカ・オブ・ロンドン, R.アドニー(fl)G.ジョーンズ(vn)
プレス国:英国,England
レーベル:L'OISEAU-LYRE
レコード番号:SOL 60007
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:濃緑/銀中溝大レーベル, グルーヴガード厚, ED1タイプ, Rights Society:記載なし, (P)1959, スタンパー/マトリクス:1M/1M(ストレート小文字スタンパー・DECCAタイプ), 1950年代スタンパーを用いた1959年頃の製造分, これより古いステレオレーベル存在せず, 最厚・最古プレス, 最古マトリクスと思われる, 英L'OISEAU-LYRE音源の英L'OISEAU-LYRE制作DECCAプレス, ED1相当, オリジナル, original
ジャケット:表コートペラ, Stereophonic, 背文字:なし, 裏文字:あり(英語), (P)(C)なし, ジャケット裏年号:なし, 当社最古の年号:不明, 写真:不明, 原画/被写体:楽譜をモチーフにしたデザイン, デザイン:不明, ライナーノーツ:Thurston Dart, 製作:L'Oiseau-Lyre/Decca Record Co. Ltd., 印刷:Robert Stace, ラウンド折返タイプ存在, 再版, re issue
トピックス:1959年頃ロンドンでのモノラル/ステレオ録音, 詳細不明(DECCAチーム), DECCA:SXLのED1と同等プレス, 1959年L'Oiseau-Lyreにより当装丁で初リリース, ダートのバッハ・シリーズ! 英国モノラル:OL 50168, 仏L'OISEAU-LYRE:OLLD 184(モノラル), 英ステレオOLS 171は1974年発売の再版、英国オリジナルは初入荷の希少盤でSXLのED1と同一プレス(オーディオ・ファイル)!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: 音楽学者サーストン・ダートは1921年ロンドン生まれ。鍵盤楽器奏者としても一流。自らの音楽研究の実践を重視し、フィロムジカ オブ ロンドンの芸術監督を務めた。1971年マリナーとのブランデンブルク協奏曲録音中に倒れ、50歳の若さで亡くなった。彼の門下にホグウッド、マンロウ、ガーディナー達がいる。この録音は'50年代後期。この当時で、これだけの様式美を誇る団体は多くなかった。今聴いても、実に新鮮で、彼の卓越したセンスと礎となった理論の正しさがうかがえる。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る