[ETERNA] R.マウエルスベルガー指揮ドレスデンsk. ドレスデン十字架cho. M.シュターダー(s) 他/バッハ:ロ短調ミサB.232(ハイライト)

Bach‎– H-Moll-Messe (BWV 232) (highlight)

通常価格:¥ 2,200 税込

¥ 2,200 税込

数量

商品コード: 1074-017tc

作品名:バッハ:ロ短調ミサB.232(ハイライト)
演奏者:R.マウエルスベルガー指揮ドレスデンsk./ドレスデン十字架cho. M.シュターダー(s)S.ヴァーグナー(a)E.ヘフリガー(t)T.アダム(bs)H.コルム(cemb/org)
プレス国:旧東ドイツ,Germany East
レーベル:ETERNA
レコード番号:825 925
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:黒/銀,グルーヴガード厚,Rights Society:記載なし,スタンパー/マトリクス:1B/2C(ラウンド小文字スタンパー・ETERNA旧タイプ),1968/69年スタンパーを用いた1969年製造分,V字ステレオレーベル存在せず,最古レーベル,最厚重量プレス,更に古マトリクス存在するか不明,ETERNA音源のETERNA製作プレス,ハイライト・オリジナル,original highlight
ジャケット:折返紙ペラ,背文字:なし,裏文字:あり(独語),ジャケ裏年号:(285)Ag 511/01/71,最古の年号:68(当ジャケではない),写真:HansJoachim Mirschel,原画/被写体:Canalettoの絵画「Dresden Vom Rechten」ドレスデン美術館所蔵,デザイン:Manfred Kempfer,ライナーノーツ:Hans-Joachim Schulze,製作:VEB ,印刷:Konsum Hauptbetrieb,長ステレオ(裏68)が存在する,再版,re issue
トピックス:1958年10月・11月ドレスデン・ルカ教会スタジオでのステレオ録音,音響技師:不,プロデューサー:Dieter-Gerhardt Worm,1959年モノラル:820 074-6が初リリース,1969年黒/銀レーベルでステレオ:825 074-6(箱)で初リリース,その前年ハイライトが825 925で先行発売された,演奏:★★★★★,音質:★★★★★,これは1968年プレスの最厚盤が1971年の後期ジャケに入る、安価とした
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: マウエルスベルガーが残したバッハ宗教曲は、マタイとロ短調の2つ。ヨハネはロッチュ、クリスマスはトーマスがそれぞれステレオを残し、この4つでETERNA社が世に問うたバッハが完結する。ロ短調ミサは1958年に録音されモノラルがリアルタイムでで同1959年発売。ステレオは東独でまだ普及に至っておらず1969年になってようやく全曲盤がステレオで発売された。実は抜粋盤が全曲箱より1年早い1968年に発売されている。こちらは長ステレオで出された。冒頭は同じキリエから始まる。全曲初出盤と比較試聴したところ、何と抜粋盤の方が音圧が高く、音がクリアー。明らかに音が良い。抜粋盤がより良い音で作られ、全曲盤購入意欲向上を図ったのか?





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る