[His Masters Voice] A.ヴァンデルノート/フィルハーモニアo. ストラヴィンスキー:プルチネッラ,妖精の口づけ

Igor Stravinsky, Andre Vandernoot Conducting Philharmonia Orchestra, The Pulcinella / Le Baiser De La Fee

通常価格:¥ 4,400 税込

¥ 4,400 税込

数量

商品コード: 1011-030

作品名:ストラヴィンスキー:プルチネッラ,妖精の口づけ
演奏者:A.ヴァンデルノート指揮フィルハーモニアo.
プレス国:英国,England
レーベル:His Masters Voice
レコード番号:ALP 1956
M/S:モノラル,monaural
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:金大ニッパー段なし,グルーヴガード厚,スタンパー:1S/1S,段付きレーベルはないと思われる,,英国録音・モノラル・オリジナル,original
ジャケット:三方折返表コート,(C)1963,仏ジュベール工房デザイン,オリジナル,original
トピックス:プルチネッラ:1961年1月14日,妖精の口づけ:1961年4月28&29日、7月10日,ロンドン・アビーロードスタジオにてモノラル/ステレオ録音,大迫力のモノラル!英国:ALP 1956/ASD 507(未入荷),フランス:FALP 743/ASDF 279,英国盤初入荷!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 近年注目が集まっているヴァンデルノートの大変珍しい録音。モノラルのみ発売と思われる。意外に幅のあるレパートリーに驚かされる。オーディオファイルのようなすっきりしたタイプとは異なり、中低域にエネルギーが集中している、粘りのある演奏。スタイルはオールドファッションと言えるが、暖かくメロディーを唄うオケに親しみを感じる。彼の特徴は、何と言っても瞬発力。英国のオケも、自在に操ってしまう。ジュベールの美しいジャケ!!英国盤初入荷!





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る