[SUPRAPHON] スメタナQt./ベートーヴェン:弦楽四重奏曲1-6番(全6曲)/

Beethoven, Smetana Quartet ‎– Early String Quartets Op.18

通常価格:¥ 16,200 税込

¥ 16,200 税込

商品コード: 1079-027

作品名:ベートーヴェン:弦楽四重奏曲1-6番(全6曲)/1番Op.18-1,2番Op.18-2,3番Op.18-3,4番Op.18-4,5番Op.18-5,6番Op.18-6(初期全6曲)
演奏者:スメタナQt.
プレス国:旧チェコ・スロバキア,Czechoslovakia
レーベル:SUPRAPHON
レコード番号:1111 2731-3
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×3,箱入り3枚組,3 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:青/銀1本線,グルーヴガード厚,Rights Society:記載なし,(P)なし,輸出仕様,マトリクス:E2A/BB/AA/AB/CC/DA(ラウンド小文字スタンパー・SUPRAPHONタイプ),1970年代のスタンパーを用いた1979年頃製造分,モノラル存在せず,これより古いレーベル存在せず,旧番号存在せず,単売は存在せず,更に古いマトリクス存在するか不明,ノーマル・カップリング,輸出仕様,オリジナル,original
ジャケット:外周白クロス紙表ツヤ箱,リブレット付,背文字:あり(金色型押),ジャケ裏年号:なし,裏文字:なし,当社最古ジャケ裏:不明,(C)1980,写真:Pavel Hornik,原画/被写体:Smetana Quarte,デザイン:Demitrij Gaydecka,ライナーノーツ:不明,製作:Supraphon a.s.,印刷:Artia/Jiri Pilka,輸出仕様,国内仕様存在するか不明,日本コロムビアとの共同制作,DENONからも発売,オリジナル,original
トピックス:2/4番:1976年6月3-17日1/5番:1977年4月6-14日プラハ・ジジコフ・スタジオ,3/6番:1978年6月3-22日プラハ・ドモヴィナ・スタジオでのステレオ録音,音響技師:Stnislav Sykora(1/2/4/5番)/Vaclav Roubal(3/6番),プロデューサー:Eduard Herzog,1980年Supraphon a.s.によりコピーライト登録・同年当装丁にて初リリース,初入荷の大珍品,彼らは1980年代中期になって中/後期を録音しCDで初リリースし全集とした,1976-85年全集(DENON共同)の一つ、1番は1961年頃の旧録音存在(SUA 10478/SUAST 50478),4番はWESTMINSTERに旧モノラル録音あり:XWN 18937/WST 14119
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインある場合あり

商品詳細: 初入荷の珍しいスメタナ弦楽四重奏団のベートーヴェン。SUPRAPHONでは1960年代当時各団体が分担して弦楽四重奏全集を目指し録音した為、1つの団体による全集が存在しない。当時としては他のレーベルも同様の録音計画の元進められていて当然といえる。しかし最初の全集が完成すると各団体はある程度自由に計画を立てることが可能になったようだ。そこでスメタナQt.は1976~78年にベートーヴェンの初期弦楽四重奏曲Op.18の6曲を計画。SUPRAPHONに承認され箱入りで発売された。単売は存在しないと思われる。しかしその後、中期、後期全集化は進まず結局彼らのベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集はLP時代には果たされなかった。しかしCD期の1980年代中頃から中期・後期作品が一気に録音され、結局1976~1985年の足掛け10年でやっと完全な全集録音を完成させた。アナログLPで発売されたのはこの初期6曲だけである。正直CD期の中期・後期に評判は芳しくない。録音環境は一流の団体にも影を落とした。しかし1970年代録音の初期3枚は彼らの初全集であり(うち2曲(1/4番)には旧録音あり)、十分すぎる程らしさを味わうことができる。ブダペスト、ハンガリーQt.などモノラル期の名演がひしめくOp.18だが、この録音に見る東欧の美学はいかなる初期録音も成しえないチェコの弦楽の至宝であると断言したい。スメタナQt.のベートーヴェンは、東欧系のしなやかな弦の音色が生きていて、一言で言えば、大変優しい演奏。特に、強い音をぶつけがちな曲調において、時に力を抜いて、休息を作ることに優れたスタイル。大変聴きやすく、疲れずに聴くことができる。

▲トップへ戻る