[MELODIYA] E.ギレリス(pf) エレーナ・ギレリス(pf) K.ベーム指揮ウィーンpo./モーツァルト:2Pf協奏曲, Pf協奏曲27番

Mozart — Emil Gilels · Elena Gilels - Vienna Philharmonik · Karl Böhm ‎– Piano Concerto In B Flat Major, K. 595 / Concerto For Two Pianos In E Flat Major, K. 365

通常価格:1,500円 税抜

1,500円 税抜

数量

商品コード: 1080-015

作品名:モーツァルト:2Pf協奏曲K.365, Pf協奏曲27番K.595
演奏者:E.ギレリス(pf)K.ベーム指揮ウィーンpo. エレーナ・ギレリス(pf)/K.365
プレス国:旧ソ連,Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S10 05131
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A 軽度のリングウェアあり
レーベルタイプ:ピンク/黒ゴシック, グルーヴガード厚, GOST-80, TU-なし, GR. 2.1-20, スタンパー/マトリクス:4-1/4-2(ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), 国内仕様, プレ・メロディア/DLレーベル存在せず, SLレーベル存在する, 1974年初リリースと思われる, 最古レーベルではない, 更に古いマトリクス存在すると思われれる, DGG音源のMELODIYA制作プレス, モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」アプリラフスキー工場製作, 第2版, 2nd issue
ジャケット:折返紙ペラ(アプレレフカ), 背文字:なし, 裏文字:あり(タイトル), (C)なし, 国内仕様, ジャケット裏年号:Apt.36-8 Zak.934-D-2580, 写真:不明, 原画/被写体:モーツァルトの肖像画とタイポの組み合わせ, デザイン:不明, ライナーノーツ:なし, 製作/印刷:Апрелевский Завод Грампластинок, オリジナルタイプ, original type
トピックス:1973年ウィーン・ムジークフェラインザールでのステレオ録音, DGG-MELODIYA共同制作, 音響技師:Klaus Scheibe, プロデューサー:Dr. Ellen Hickmann, 録音監督:Werner Mayer, 1974年Polydor International GmbHによりコピーライト登録・同年DGG:2530 456にて初リリース, MELODIYAでは1974年シングルレターで初リリース, これは1980年代初期の第2版だがMELODIYAは西側程大きく変わらない, シングルレターの入荷は1度あるだけ, ETERNA:826 764
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり

商品詳細: 珍しい共演でDGG-MELODIYAの共同制作。ロシアのソリストとウィーンpo.を振ってのモーツァルト。1973年ザルツブルク・フェスティバルの録音らしい。A面は親子で2台のPf協。B面は単独で27番。この時、ギレリス56歳、娘エレーナ22歳。ベームは78歳。円熟を迎えた巨匠とウィーンpo.という一流オケの共演は、手に汗握るスリリングなものではなく、噛むほどに味わいの深まる落ち着いたもので、老ピアニストの練られたソロに、清新なオケが寄り添う'70年代ならではのタイプ。MELODIYA盤は希少!ギレリスが生涯に録音したモーツアルトのピアノ協奏曲の録音はこの他には「第21番」がモスクワ音楽院大ホールにおける1959年ライヴ盤(コンドラシン指揮/ソヴィエト国立so.)とバルシャイ指揮モスクワ室内o.程度で非常に希少!





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る