[VOX] レーヴェングートQt. マンハイム・トリオ G.ルートヴィヒ(pf)/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集-4/14,15番,Pf四重奏曲(3曲)

Beethoven, Loewenguth Quartet, Mannheimer Trio ‎– Beethoven String Quartets (Complete) Vol 4 & 3 Piano Quartets

通常価格:¥ 32,400 税込

¥ 32,400 税込

数量

商品コード: 1083-029n

作品名:ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集-4/14番Op.131,15番Op0132,Pf四重奏曲(3曲)Op.152
演奏者:レーヴェングートQt./マンハイム・トリオ G.ルートヴィヒ(pf)
プレス国:米国,U.S.A.
レーベル:VOX
レコード番号:SVBX 545
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×3,箱入り3枚組,3 single records
評価/レコード:7
評価/ジャケット:B 箱の接着が剥がれ現在被せ箱状態、大半の米VOXの箱はこの状態でごく普通,他にダメージはない
レーベルタイプ:紫/銀スピーカー浅中溝,グルーヴガード厚,(P)1981(刻印もあり),Rights Society:DP,スタンパー/マトリクス:A/B/C/D1/E/F(手書き文字スタンパー・米VOXタイプ),1960年代スタンパーによる1963年頃製造分,これより古いステレオレーベル存在せず,最古ステレオレーベル,最厚プレス,更に古いマトリクス存在するか不明,初出のスピーカーレーベル,VOX音源の米VOX製作プレス,オリジナル,original
ジャケット:外周厚紙ツヤ表ツヤ箱,ペラリブレット付,背文字:あり(黒色),裏文字:なし,ジャケ裏年号:なし,当番号最古の年号:不明,(P)なし(C)1963,写真:不明,原画/被写体:作者不明のタイポグラフィーとベートーヴェンの肖像,デザイン:不明,ライナーノーツ:Harry Halbreich,製作:Vox Productions, Inc..,印刷:不明・米国製,オリジナル,original
トピックス:1963年又はそれ以前のモノラル/ステレオ録音,録音場所など録音詳細不明,編集: Dr. Rudolph Van Gelder,全4巻で完結・これがVol.4の米ステレオ・オリジナル,ステレオは米国盤のみ存在と思われる,1963年Vox Productions.Inc.によりコピーライト登録・同年当装丁で初リリース,仏VOX:VBX 45(モノラル)存在する、仏ステレオは未確認,入手は年々困難になるアイテム
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),第2面1時極小4回出る小スレあり,影響小さく7の範囲,古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインある場合あり

商品詳細: 1929年パリで結成され、1963~7年頃までこのメンバー。1983年にA.レーヴェングートの死により解散。SP期から録音がある。ベートーヴェンはSP期、4・16番が1947年に録音がある。但し全集は1962年頃、VOXのVBX/SVBX 542-5、BOX4巻で発売。仏では単売も存在する、これはBOXでは最終の2曲を含むセット。ドイツ・アメリカ系とまったく異なるアプローチは、初めて聴いた人に一種の驚きと憧れを抱かせるに違いない。フレンチ・スタイルの極地!最終Volの14、15番とピアノ四重奏(マンハイム・トリオ)も収録。全4巻。音に厚みがあり聴きやすい。音が曇るという事は一切なく、とても音圧の高いカッティング。音質だけとるならこれをお薦めする。ベートーヴェンのSQ演奏の中の1つの理想形がこれであると思う。悔しいが、モーツァルトよりもずっと良い演奏をしている。おそらく、宝物の1つになるに違いない。それ程、見事な演奏と音。ステレオは米盤のみ存在と思われる,カッティング技師、ヴァン・ゲルダーの手によるマスタリング。

▲トップへ戻る