[His Master's Voice] J.ハモンド(s) W.ジュスキント指揮フィルハーモニアo. cho./イタリア・チェコ・ロシアのオペラ・アリア集/プッチーニ, ジョルダーノ, スメタナ 他

Joan Hammond Italian Czech and Russian Opera

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込      

数量


商品コード: 1084-024

作品名:イタリア・チェコ・ロシアのオペラ・アリア集/プッチーニ:蝶々夫人, マノン・レスコー, トゥーランドット, ジョルダーノ:アンドレア・シェニエ, マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ, スメタナ:売られた花嫁, ダリボル, チャイコフスキー:エフゲニー・オネーギン, スペードの女王, ドヴォルザーク:ルサルカ
演奏者:J.ハモンド(s)W.ジュスキント指揮フィルハーモニアo./cho.
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:His Master's Voice
レコード番号:ALP 1680
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A : Sに近い美品
キズ情報:A面12時に無音点あり,
レーベルタイプ:金大ニッパー段付, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:2N/1N(ラウンド小文字スタンパー・英HMVタイプ), 3時:A/A, 英国モノラル録音を示す2XEAスタンパー, 1950年代スタンパーによる1959年頃製造分, フラット盤存在せず, これはRIAAカーヴになっている, ステレオ存在する, 最古レーベル・最厚プレス, 更に古いマトリクス存在せず, HMV音源HMV制作プレス, モノラル・オリジナル, original for mono
ジャケット:三方折返表コート, 背文字:あり(黒色), ジャケ裏年号:なし, (P)1959(Recording first published)(C)1959, 裏文字:あり(英語), 写真:不明, 原画/被写体:Joan Hammond, デザイン:不明, ライナーノーツ:malcolm Rayment, 製作:The Gramophone Co. Ltd., 印刷:Garrod & Lofthouse Ltd., モノラル・オリジナル, original for mono
トピックス:1959年またはそれ以前の英国でのモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 1959年4月E.M.I. Records Limitedによりコピーライト登録・同年当装丁で初リリース, ALP 1680/ASD 302, ステレオは過去に1度入荷しただけのスーパーレア盤, モノラルは当社初入荷! 日本では知られていないが驚くほどの美声ソプラノ歌手!演奏:★★★★★, 音質:★★★★

商品詳細:日本では無名に近いソプラノ歌手ジョアン・ハモンド(1912-1996)はニュージーランドのクライストチャーチで生まれた。彼女はシドニーのニューサウスウェールズ州立音楽院でバイオリンと歌を学び、1936年にウィーンで歌を学ぶ前にシドニー・フィルハーモニー管弦楽団で3年間バイオリンを弾いた。1936年ロンドンに留学。1940年代後半から英国でも人気が高まりSPでの録音も相次いだ。1965年に病気で引退するまで非常に多くの録音を行った。特にSPと45回転ドーナツ盤は驚異的なセールスを記録している。1965年7月30日にウィンザー城のセントジョージ礼拝堂で最後の公演を行い、王室の許可を与えられた最初の女性であった。英語圏のソプラノ歌手としては異例の美声の持ち主であった。活躍が後10年続けば多くの輝かしいリーダーアルバムが録音されたに違いない。引退が早かったため良い録音が少ない。これはその数少ない録音の一つ。HMVがビクトリア・デ・ロス・アンヘレスに肩入れしたのも理由の一つだろう。最盛期は1950年以前だったことは確かである。ソプラノ好きには是非とも知って欲しい類まれな才能と声を持った歌手だった。









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)