[Private] A.ニコレ(fl) B.シュリック(s) C.ヴェイマン(vn) E.メルクス指揮/モーツァルト:Fl協奏曲2番,Flとオーケストラのためのアンダンテ 他

nicolet melkus mozart k.314 K.315 etc

通常価格:¥ 11,000 税込

¥ 11,000 税込

数量

商品コード: 1084-014t

作品名:モーツァルト:Fl協奏曲2番K.314,FlとオーケストラのためのアンダンテK.315,歌劇「フィガロの結婚」~ついにその時が来たわ(スザンナのアリア),コンサート・アリアK.580「すでにやさしき春は微笑み」,歌劇「羊飼いの王様」K.208~彼女を愛そう
演奏者:A.ニコレ(fl)B.シュリック(s)C.ヴェイマン(vn)E.メルクス指揮ドイツ・キンダーアールツトo.
プレス国:ドイツ,Germany
レーベル:Private
レコード番号:C 3243
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:B : 一部剥がれあり
レーベルタイプ:金/黒,Sonderauflage,グルーヴガード厚,Rights Society:Contr. Copyr.,(P)なし,スタンパー/マトリクス:A1/B2(ラウンド小文字スタンパー・不明タイプ),1980年代スタンパーによる1987年頃の製造分,これより古いレーベル存在せず,プライヴェート録音・プレスにつき版は1種のみと思われる,更に古いマトリクス存在せず,モノラル存在せず,プライヴェート音源のTELEFUNKEN制作プレス,オリジナル,original
ジャケット:両面ツヤペラ,背文字:あり(黒色),裏文字:あり(独語),ジャケ裏年号:なし,(P)(C)なし,写真:不明,原画/被写体:古典絵画「Wolfesbrug Adelicher Sitz an dem Dromling」,デザイン:不明,ライナーノーツ:Alexander Sinios,製作:不明,印刷:不明・ドイツ製,オリジナル,original
トピックス:1979年頃のドイツでのプライヴェート録音,録音詳細不明,オーケストラのキンダーアールツトは小児科医の意味,知られざるコンサートアリア!K.580!Philipsとは全く異なるニコレの新録音にして珍録音,殆ど知られていない,当社24年間の中で2度目の入荷という珍品!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり

商品詳細: 何と、A.ニコレのFl協2曲(K.314、315)が聴ける。1979年頃ドイツ・ヴォルフスブルクでの録音。しかも、オケがドイツ小児科医を集めたオケ(言葉上では)。B面には、初めてお目にかかるコンサート・アリアK.580の録音!歌手はソプラノ:バルバラ・シュリック。新発見。ニコレのFlも良く、未知のコンサート・アリアも良し。モーツァルト・ファンの興味を非常にそそるLPに間違いはない。プライベート・プレスにつき、音はかなり良く、ニコレのフルートはすごい乗りの良さ。そして、ソプラノの可憐な声は想像以上!このコンサート・アリアは義姉のソプラノ歌手ヨゼファ・ホーファー(当時30歳)のために作曲したが、オーケストラ・パートはスケッチのままで、未完に終っている。ヴィーデン劇場で上演予定のパイジェルロの『セヴィリアの理髪師 Il Barbiere di Siviglia』ドイツ語版の第2幕に加える挿入曲として着想されたのであった。しかし上演はされなかったらしい。原稿がスケッチ風で不十分な性格を持っているのは、それによって説明がつく。----アインシュタイン説。この曲の自筆譜は50年以上行方不明だったが、1989年5月19日ロンドンのサザビーズ社が自筆譜を競売し104,500ポンド(約2,340万円)で落札された。録音は多くない。

▲トップへ戻る