[ERATO] J.P.ランパル(fl) L.ラスキーヌ(hp) J.ランスロ(cl) J.F.パイヤール指揮室内o./モーツァルト:Fl・Hp協奏曲,Cl協奏曲

Mozart - Jean-Pierre Rampal, Lily Laskine, Jacques Lancelot, Orchestre De Chambre Jean-François Paillard ‎– Concerto Pour Flute & Harpe, Concerto Pour Clarinette

通常価格:¥ 16,500 税込

¥ 16,500 税込

数量

商品コード: 1087-015

作品名:モーツァルト:Fl・Hp協奏曲K.299,Cl協奏曲K.622
演奏者:J.P.ランパル(fl)L.ラスキーヌ(hp)J.ランスロ(cl)J.F.パイヤール指揮室内o.
プレス国:フランス,France
レーベル:ERATO
レコード番号:STE 50020
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:ピンク白竪琴外溝,外周3cmの盛上り(カマボコ),フラットに近い厚手(GG以前),Rights Society:記載なし,(P)なし,スタンパー/マトリクス:AD6/BD2(ラウンド大文字スタンパー・ERATO旧タイプ),1950年代のスタンパーによる1960年頃の製造分,モノラル存在する,フラットレーベル存在せず,M6スタンパー付きパテプレス存在せず,これより古いステレオ盤存在せず,ステレオ最古レーベル,最厚プレス,RIAAカーヴと思われる,更に古いマトリクス存在するか不明,ERATO音源のERATO製作ERATOプレス,ステレオ・オリジナル,original for stereo
ジャケット:折返表コートペラ,ラウンドステレオロゴ付,ERATOの型押厚内ジャケット入り,背文字:あり(黒色・白背景・上下絞り),ジャケ裏年号:なし,ジャケ裏文字:あり(仏語),(P)(C)なし,写真:不明,原画/被写体:Jacuqs Vatoux,デザイン:不明,ジャケ編集:不明,ライナーノーツ:Olivier Alain,製作:Erato Disques S.A.,印刷:Imprimerie Contensin..Paris,ステレオ金シール付きの前のラウンドステレオロゴ付ジャケット,ステレオ・オリジナル,original for stereo
トピックス:1958年パリでのモノラル/ステレオ録音,録音詳細不明,1958年12月 Éditions Costallatによりコピーライト登録・同年モノラルがERATO:LDE 3087で初リリース,1960年2月ステレオがSTE 50020(ピンク白竪琴外溝)で初リリース,パイヤールは同じソリストと2回録音を行った・これが初回録音,2回目は1963年6月: LDE 3275/STE 50175
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),A面1時微かに~極小10回感じる点あるが影響は小さく7とした,古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり

商品詳細: パイヤールは、ランパル/ラスキーヌという同じメンバーで数年間の間に2度録音していて、どちらもモノラル/ステレオ発売。オケの名称が僅かに異なること以外、まったく同じなので見分けがつかない。これは、最初の録音のステレオオリジナル。どちらも"Fl/Hp協奏曲"の決定盤として昔から日本でも有名であった。B面にはランスロのCl協奏曲が収録され、一枚で2曲が楽しめるお得な内容。日本盤でお世話になった愛好家も多いと思う。白っぽいジャケットに入る分が初回録音でオケはJ.F.パイヤール指揮室内o.。

▲トップへ戻る