[COLUMBIA] W.マウツジンスキ(pf)/ショパン・リサイタル/Pfソナタ2番,スケルツォ3番,華麗なる大円舞曲 他

Malcuzynski, Chopin ‎– Sonata No. 2 In B Flat Minor, Op. 35; Grande Valse Brillante No. 1 In E Flat Major, Op. 18; Nocturne No. 13 In C Minor, Op. 48 No. 1; Nocturne No. 5 In F Sharp Major, Op. 15 No. 2; Scherzo No. 3 In C Sharp Minor, Op. 39

通常価格:¥ 5,500 税込

¥ 5,500 税込

数量

商品コード: 1089-062

作品名:ショパン・リサイタル/Pfソナタ2番Op.35,スケルツォ3番Op.39,華麗なる大円舞曲Op.18,夜想曲5番Op.15-2,夜想曲13番Op.48-1
演奏者:W.マウツジンスキ(pf)
プレス国:フランス,France
レーベル:COLUMBIA
レコード番号:FCX 785
M/S:モノラル,monaural
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:紺/銀段付,グルーヴガード厚,33 FCX 785,Rights Society:DP,(P)なし,Price Code:A,スタンパー/マトリクス:21/21(ストレート小文字スタンパー・パテタイプ),フランス録音を示すXAX 731/XAX 732・専用スタンパー使用,ストレートM6スタンパーと2種併存のパテプレス,ステレオ存在せず,1950年代のスタンパーを用いた1960年頃の製造分,1958年頃初リリース,これより古いフランスレーベル存在する,Disque invassableロゴ付きレーベル存在せず,フラット盤存在する,フランス最古レーベルではない,最厚プレスではない,更に古いマトリクス存在せず,RIAAカーヴである,仏COLUMBIA音源の仏COLUMBIA製作パテプレス,仏第2版,2nd issue
ジャケット:棒付ボード(粗目紙厚手),内ジャケ窓なし(窓付存在せず),背文字:あり(棒上に金色押型),裏文字:あり(仏語・リブレットは元々存在せず),(P)(C)なし,ジャケット裏年号:なし,写真:不明,原画/被写体:dessin au crayon d'Elizn Radzivillの描いたスケッチ「Frédéric Chopin 1826」ワルシャワ国立美術館所蔵,デザイン:Atelier Joubert,ライナーノーツ:Jean-Jacques Normand,製作:Les Industries Musicales Et Electriques Pathé Marconi ,印刷:Mercure ED. Paris,折返ツヤペラ紙ジャケ存在せず,棒付きジャケット裏文字ありで初出,仏オリジナル,original in Fr.
トピックス:1957年頃のフランスでのモノラル録音,録音詳細不明,フランスでは1957-8年Les Industries Musicales Et Electriques Pathé Marconiによりコピーライト登録・同年仏COLUMBIA:FCX 785(紺/銀内溝フラットレーベル)で初リリース,これは初出ジャケットに入る1959年頃の発売分,英国では1959年英COLUMBIA:33CX 1639(紺/金段付GGツヤ)で初リリース,正統派ショパン弾きのショパン・リサイタル,その後仏COLUMBIA:SAXF 222でソナタ2番がステレオ発売されるがそれは2回目録音と思われる,FCX 785と同一内容のステレオ盤は存在しない・SAXF 222:ショパン:Pfソナタ2番Op.35,3番Op.58で2番は2回目録音である,演奏:★★★★+,音質:★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインある場合あり,1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音が多いことを御承知いただきたい,軽度の散発性ノイズあり

商品詳細: 仏COLUMBIAのフラット重量盤が初出。W.マウツジンスキによるショパン・リサイタルである。マウツジンスキは正統的なポーランド楽派のピアニストで、パデレフスキの最後の弟子としても有名な名手である。当盤はショパン弾きらしいリサイタル集で、ポーランド人の血が直接伝わってくるようなショパンである。特に夜想曲5番は作品を知り尽くした深遠なる演奏であり、サロン風の楽曲解釈とは対極にある純ポーランド風の民族的な演奏である。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る