[COLUMBIA] L.コーガン(vn) C.シルヴェストリ指揮パリ音楽院o./チャイコフスキー:Vn協奏曲,瞑想曲~「なつかしい土地の思い出」

Tchaikovsky / Leonid Kogan / Constantin Silvestri ‎– Violin Concerto / Meditation

通常価格:¥ 16,500 税込

¥ 16,500 税込

商品コード: 1090-032

作品名:チャイコフスキー:Vn協奏曲Op.35,瞑想曲~「なつかしい土地の思い出」Op.42
演奏者:L.コーガン(vn)C.シルヴェストリ指揮パリ音楽院o.
プレス国:英国,United Kingdom
レーベル:COLUMBIA
レコード番号:33CX 1711
M/S:モノラル,monaural
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A : Sに近い美品
レーベルタイプ:紺/金ツヤ段なし,グルーヴガード厚,Rights Society:記載なし,(P)なし,スタンパー/マトリクス:4S/5S(ラウンド小文字スタンパー・EMIタイプ),フランスモノラル録音を示すXLXスタンパー,1960年代スタンパーによる1962年頃製造分,1962年頃段なし盤で初リリース,ステレオ存在する(SAX 2223・B/Sレーベル超高額),フラット盤/f段付き盤存在せず,英国モノラル最古レーベル・最厚プレス,さらに古いマトリクス存在するか不明,仏COLUMBIA音源英COLUMBIA制作EMIプレス,英国モノラル・オリジナル,original for mono in UK.
ジャケット:三方折返表コートペラ,背文字:あり(黒色・白背景),裏文字:あり(英語),(P)なし(C)1960(Recording first published),ジャケット裏年号:なし,写真:不明,原画/被写体:風景写真,デザイン:EMI group,ライナーノーツ:Martin Cooper,製作:Columbia Graphophone Company Ltd.,印刷:記載ないがGarrod & Lofthouse Ltd.と思われる,スカラップタイプは存在せず,オリジナル,original
トピックス:1959年11月10・11・28日パリ・サル・ワグラム・でのモノラル/ステレオ録音,同月にベートーヴェン/チャイコフスキー/同瞑想曲/メンデルスゾーン/モーツァルト:3番の5曲が集中的に録音された,録音詳細不明,フランスでは1960年仏COLUMBIA:FCX 842/SAXF 137(段付レーベル)で初リリース,英国では1960年モノラルが英COLUMBIA:33CX 1711(段なし・ジャケ裏は1960年),ステレオがSAX 2323(B/S)で初リリース,SAX 2323は100万円近い高額LP,これはコーガンの3回目録音 ネボルシン(1950年)→ヴァンデルノート(1956年)→シルヴェストリ(1959年ステレオ),これが初のステレオ録音でこれはその英国モノラル発売分の初出,市場の大半は赤SCレーベルで紺/金ツヤ段なしレーベルは非常に希少!知られていないがステレオよりパンチのある大迫力のモノラル盤の価値は大きい(当社では2種のCDR制作時に痛感した・2種を聴き比べた方の9割がモノラルのCDRをチョイスされた)演奏:★★★★★,音質:★★★★+
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり,1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音が多いことを御承知いただきたい

商品詳細: 1924年ウクライナ出身。ダヴィット・オイストラフと同郷のユダヤ系ヴァイオリニスト。近年ではオイストラフよりコーガンのほうが高額LPの主として知られるようになったと思われる。コーガンは自身の売り込みに疎く、ソ連当局の強力な後ろ盾を持ったオイストラフの影にかすんだ形となった。しかし、その実力はアナログ・ファンなら充分ご承知だろう。コーガンは幸運にも12歳でパリに留学し、ティボーの自宅に居候しながら技術を磨いた。早熟型の天才であったという。そのためか、ロシア人としては例外的に西側録音が多い。愛器グァルネリ・デル・ジェス(1726年と1733年)からこのような澄み切った音を出すヴァイオリニストを他に知らない。メジャー協奏曲を複数回録音しているが、中でも1959年にシルヴェストリ/パリ音楽院o.と入れたこの3回目録音は、あらゆる点で、またあらゆる面で、いくつかの偶然が重なった超が付く名演と言って過言ではない。惚れ惚れする弦の囁きと情熱、シルヴェストリの勇壮なオケ。超が付く優秀録音。モノ/ステレオ何方も捨てがたい魅力がある録音となっている。両方の良さを楽しんでいただければ幸いだがオリジナルLPの価格差は10倍に近い。ステレオプレスがモノラルより少なかったのは事実だが、それよりステレオ信仰が生んだ大いなる誤解が誤解のまま定着して世界規模で定説となった極端な例である。

▲トップへ戻る