[PIROUETTE] L.コーガン(vn) E.ケーニヒ(pf)/バッハ:無伴奏Vnソナタ3番,プロコフィエフ:Vnソナタ2番

Leonid Kogan / Bach, Prokofiev ‎– Sonata No. 3 / Sonata In D Major

通常価格:¥ 22,000 税込

¥ 22,000 税込

数量

商品コード: 1090-007

作品名:バッハ:無伴奏Vnソナタ3番B.1005,プロコフィエフ:Vnソナタ2番Op.94bis
演奏者:L.コーガン(vn)--バッハ・ L.コーガン(vn)E.ケーニヒ(pf)--プロコフィエフ
プレス国:米国,U.S.A.
レーベル:PIROUETTE
レコード番号:JAS 19018
M/S:モノラル,monaural 同一番号で疑似ステレオレーベルが存在するので注意
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:灰青/銀中浅溝,グルーヴガード厚,Rights Society:記載なし,(P)なし,スタンパー/マトリクス:1/2(手書き文字スタンパー・米マイナータイプ),MG 3675/MG 3675で始まるPIROUETTE専用マトリクス使用,1960年代スタンパーを用いた1965年頃製造分,ステレオ存在せず,これより古いレーベル存在せず,橙/黒のJANVS PIROUETTEレーベル/紺JANVSレーベルが存在するが同時期または後と思われる,更に古いマトリクス存在せず,フランスボルドー放送局音源の米PIROUETTE制作PHILIPSプレス,米オリジナル,original in USA
ジャケット:厚紙表面粗目紙,背文字:あり(黒色・クリーム背景),裏文字:あり(英語カタログ),米国圏流通分,ジャケ裏年号:なし,当社最古年号:不明,(P)(C)なし,写真:不明,原画/被写体:Marion Cornfieldの彫像,デザイン:不明,ライナーノーツ:なし,製作:Ambassador Record Corp.,印刷:不明・米国製,これが最古タイプ,オリジナル,original
トピックス:1964年5月25日・仏ボルドー・フランス放送グランド・シアターでのモノラルライヴ音源と思われる,録音詳細不明,フランス・ロシアでは未発売,米Ambassador Record Corp.が音源を買い取りしたと思われる,1965年それを系列レーベルである米PIROUETTE:JAS 19018(当装丁)で初リリース,1967年頃同系列レーベルJANVS PIROUETTEとJANVSレーベルでも再版した,それぞれ異なるレーベルデザイン,欧州レーベルからは未発売,MELODIYA未発売,1960年代までに出たコーガン唯一のバッハ無伴奏録音,但し仏COLUMBIA:FCX 547(バッハ:Vn協奏曲2番他)の余白に無伴奏Vnソナタ2番B.1003~サラバンドが存在,1曲丸々あるのは当盤のみでA面全て使用,B面全て使いプロコフィエフ:Vnソナタ2番Op.94bisが入る・E.ケーニヒ(pf),演奏:★★★★★,音質:★★★+,同じ番号でJANVS レーベルから出ている青/銀レーベルは疑似ステレオなので注意,当盤は本当のモノラル!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり

商品詳細: L.コーガンによる大変貴重なバッハの無伴奏Vnソナタ他である。コーガンについては今更語る必要もないロシア最高のヴァイオリニストであるが、数多の録音にもかかわらず、バッハの無伴奏については殆ど録音が残されていないことは非常に残念である。そして当盤は、奇跡的に録音が残されたバッハの無伴奏であり、その濃厚かつ切れ味鋭い超絶技巧は、正に驚愕の名演である。勿論、ロシア盤も存在しない唯一のレコードの為、その存在価値は絶大である。但しこの音源はMELODIYAからは発売されておらずロシア録音ではないと思われる。調べたところ1964年5月25日ボルドー・フランス放送グランド・シアターでのライヴ音源が近年CDで発売されていて最も可能性が高い録音と思われる。プレスは米国ニュージャージン州のマイナーレーベルで米国では当時よくわからない音源のロシア人演奏家のLPが多く発売された。これもその一つだろう。コーガンは若い時期からパリに住んでおりフランスでの放送録音は十分に説得力がある。これはライヴらしい雑音は少なく音質も良い。コーガン唯一のB.1005として相当に価値の高い録音と言える。演奏は極限まで求心力を高めた渾身の演奏でロシア人でこれを超える無伴奏録音はないと断言できる。これは真性モノラル。疑似ステレオも存在する(同一番号レーベル違い)。試聴してモノラルであることを確認している。

▲トップへ戻る