[DGG] W.シュナイダーハン(vn)指揮ベルリンpo. モーツァルト:Vn協奏曲1~5番 アダージョK.261 他

Mozart - Berliner Philharmoniker, Wolfgang Schneiderhan ‎- Violinkonzerte coplete

通常価格:¥ 11,000 税込

¥ 11,000 税込

数量

商品コード: 1094-017

作品名:モーツァルト:Vn協奏曲1~5番,アダージョK.261,ロンドK.269,373
演奏者:W.シュナイダーハン(vn)指揮ベルリンpo.
プレス国:フランス,France
レーベル:DGG
レコード番号:139 445~
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×3,バラ3枚セット,3 single records
評価/レコード:7/6 : 1枚目のみ軽微なスレあり
評価/ジャケット:A: 3枚ともフランス初出
レーベルタイプ:青2本線土手×2(Made in France×2),青2本線×1(Made in Germany×1),ブルーライン,グルーヴガード,Rights Society:DGH,(P)1967/1968,スタンパー/マトリクス:2S-1/2S-2/3A/2B/2A/2B(ラウンド小文字スタンパー・DGGタイプ),DGGステレオ録音を示す00 13***で始まる専用マトリクス使用,1960年代のスタンパーを使った1968年頃製造分,モノラル存在せず,チューリップレーベル存在する(箱発売分のみ),これより古いフランス青2本線レーベル存在せず,ブルーラインに規則性はない,更に古いマトリクス存在するか不明,DGG音源の独/仏DGG製作プレス,オリジナル,original
ジャケット:三方開両面コート×3,3枚とも裏クリーム文字なしのフランス初回分,背文字:あり(黒色・黄背景),(P)(C)なし,裏年号:なし,当社最古年号:不明,(P)(C)なし,写真:不明,原画/被写体:ベルヴェデーレ宮殿のイラスト,デザイン:Hartmut ,ライナーノーツ:Andreas Holschneider,製作:Deutsche Grammophon Fr.,印刷:Imp. Golry Cappel. .Clichy,独・仏ともに赤ステレオ・ツヤジャケ存在せず,これは3枚とも見開きではなく三方開のフランス初回分(先頭の1枚だけドイツ盤が入る),単売のオリジナル,オリジナル,originalin Fr.
トピックス:1965年3月・1967年2月ベルリンにてステレオ録音,音響技師:Hans Peter Schweigmann, Heinz Wildhagen,プロデューサー: Karl Faust,録音監督:Rainer Brock,ドイツでは1967年に箱もの(チューリップ・レーベル)が初出,その後139 445/463-4で単独販売された,フランスに箱は存在せず,今回バラ3枚ともフランス初出ジャケ入り,先頭の1枚のみ中身がドイツ盤,後半2枚は土手付きのフランス初出盤,過去にフランス盤が3枚揃ったことはない,シュナイダーハン最初の全曲録音で指揮も行う(弾き振り),後期の曲は2/3回目録音となる
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure),1枚目の2番のみ2時に極小10回程度出る軽スレあり,他は問題ない,古いプレスに付き多少のサーフェース音あり,無音ヘアラインある場合あり,1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音が多いことを御承知いただきたい

商品詳細: W.シュナイダーハンは、モーツァルトにこだわりを持っていた。'50年代前半から、ライトナー/ロスバウト、イッセルシュテット等と単発で録音があったが、1968年頃、3枚のLPに協奏曲全5曲(偽作と判明したものは除いた)とアダージョ、ロンド(3曲)を含む全オケ付Vn作品を、自らの指揮で録音。オケはベルリンpo.だが、自身のやりたいようにやったということだろう。リラックスして、とても柔軟なオケにソロ。表現のこだわりより、美音をたっぷり披露。奇をてらわない自然の演奏。初出の箱のみチューリップ。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る