[DGG] C.M.ジュリーニ指揮シカゴso./ドヴォルザーク:交響曲9番「新世界」

Dvořák - Chicago Symphony Orchestra, Carlo Maria Giulini ‎– Symphonie Nr.9 "Aus Der Neuen Welt" • "From The New World"

通常価格:¥ 2,200 税込

¥ 2,200 税込

数量

商品コード: 1095-036

作品名:ドヴォルザーク:交響曲9番Op.95「新世界」
演奏者:C.M.ジュリーニ指揮シカゴso.
プレス国:ドイツ,Germany
レーベル:DGG
レコード番号:2530 881
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:青2本線, Made in West Germany, ブルーライン, グルーヴガード厚, GY9, Rights Society:DP, (P)1977, スタンパー/マトリクス:S1-14/S2-5(ラウンド小文字スタンパー・DGGタイプ), 1970年代DGGステレオを示す25***で始まリ320で終わる専用マトリクス使用, 1970年代のスタンパーを使った1977年頃製造分, チューリップレーベル存在せず, これより古い青2本線レーベルが存在せず, ブルーラインに完全な規則性はない, 更に古いマトリクス存在すると思われる, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, DGG音源のDGG製作プレス, オリジナル, original
ジャケット:両面コートペラ, LC0173, 裏:中農クリーム, 背文字:あり(黒色・薄クリーム背景・上黄色), 裏文字:あり(独/英/仏語), 裏年号:なし, 当社最古年号:不明(記載なし), (P)(C)1977, 写真: Christian Steiner, 原画/被写体:Carlo Maria Giulini, デザイン:Werner Koberstein, ライナーノーツ:Jarmil Burghauser, 製作:Deutsche Grammophon Gesellschaft , 印刷:Neef OHG Wittingen, オリジナル, original
トピックス:1977年4月米国シカゴ・オーケストラ・ホールでのステレオ録音, 音響技師:Hans-Peter Schweigmann, プロデューサー:Günther Breest, 録音監督:Cord Garben, 美術監督:Lutz Bode, 1977年Deutsche Grammophon Gesellschaftによりコピーライト登録・同年当装丁にて初リリース
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり

商品詳細: ジュリーニの「新世界」はクーベリックと全く発想が異なる。こちらは劇的な演奏。クーベリックのような安定したスタイルではない。テンポを操り意図的に盛り上げるあたりはクレンペラーの手法に近いが、この人のスタイルはニューウェーブと言っても良いと思う。'77年のプレスながら音はチューリップに匹敵する録音のようだ。シカゴSo.は当時ショルティの支配下。ショルティは自分とまったくタイプの異なるジュリーニをあえて客演に起用。ジュリーニはシカゴSo.の可能性を大きく引き出す!





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る