[La Voix De Son Maître] E.ハイドシェック(pf)/ベートーヴェン:Pfソナタ17番「テンペスト」, 20, 22, 24番「テレーゼ」

Beethoven - Eric Heidsieck ‎– Sonates N°17, N°20, N°22, N°24

通常価格:¥ 16,500 税込

¥ 16,500 税込

数量

商品コード: 1096-038

作品名:ベートーヴェン:Pfソナタ17番Op.31-2「テンペスト」, Pfソナタ20番Op.49-2, Pfソナタ22番Op.54, Pfソナタ24番Op.78「テレーゼ」
演奏者:E.ハイドシェック(pf)
プレス国:フランス,France
レーベル:La Voix De Son Maître
レコード番号:CVC 2131
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:B : 右上に痛みあり・補修済
レーベルタイプ:赤白SCニッパー中stereo段なし, Made in France, CVC 2131 C, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, Price Code:C, (P)なし, スタンパー/マトリクス:21/21(ラウンド小文字スタンパー・パテタイプ), フランス・ステレオ録音を示す2YLAの専用スタンパーを使用, ラウンドM6スタンパーと2種併存のパテプレス, 1960年代のスタンパーによる1968年頃の製造分, 旧番号は存在せず, 白SCニッパー大stereo段付レーベルは存在せず, これより古いプレス存在せず, 最古レーベル, 最厚プレス, 更に古いマトリクス存在せず, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, La Voix De Son Maître音源のLa Voix De Son Maître製作パテプレス, オリジナル, original
ジャケット:折返表コートペラ, 裏タグ付き, 背文字:あり(黒色・白背景・上下絞り青), 裏文字:あり(仏語), (P)(C)なし, ジャケット裏年号:なし, 写真:Bernard De Bonnerive, 原画/被写体:Eric Heidsieck, デザイン:Pathe Marconi Group, ライナーノーツ:Philippe Andriot, 製作:Les Industries Musicales Et Electriques Pathe Marconi, 印刷:Imp. I.D.N..Paris, COLUMBIA番号は存在しない, La Voix De Son Maître録音で棒付きジャケASDF/CVAは存在しない, オリジナル, original
トピックス:1968年2月8-9日パリ・サル・ワグラムでのステレオ録音, 録音詳細不明, 1967-73年全曲録音の一つ, 1968年当装丁にて初リリース, 全32曲は下記の形でリリースされた(13枚):CVC 2131/CVB 2132/2C 063-10002/10108/10288/10751/10752/11269/11309/12168/12568/12569/12570, 箱ものは発売されていないと思われる, CVC 2131にCVB番号は存在しない, CVB 2132にCVC番号は存在しない, CVB 2132のみ赤白SCニッパー大stereo段なしレーベルが存在する, 非常に評価の高いステレオ全集録音, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音が多いことを御承知いただきたい

商品詳細: 1968年2月8-9日パリ・ワグラムホールで録音されたもの。仏公式HPにちょうどこのレコードジャケの初版見本刷を眺めるハイドシェックの写真がある。ハイドシェックのピアノは言うまでもないが、非常にクリアで切れ味が抜群。勢いで弾き切ることなくフレーズの細部まで意識が行き届いた繊細なタッチと、最小限のペダルによってその響きには一点の曇りもない。殆んど聴き取れないほどのほんの僅かなルバートがハイドシェックの演奏の隠れた味わいを作り出している。このシリーズは1968-73年までかかって完成されたソナタ全集録音。この録音の評価は非常に高く、長年コツコツと1枚ずつ収集されている方は多いと見受けられる。イーヴ・ナットとは異なる純フレンチタイプの傑作録音と言って間違いない。もしステレオでベートーヴェンの全集を揃えたいのであれば文句なしに推薦したいが道のりは険しく長い。再版も多いので注意が必要になる。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る