[DGG] L.マゼール指揮ウィーンpo./ニュー・イヤー・コンサート1983

Johann Strauss & Josef Strauss - Wiener Philharmoniker, Lorin Maazel ‎- Viennese Bonbons - Wiener Bonbons 1983

通常価格:¥ 2,200 税込

¥ 2,200 税込

商品コード: 1098-053p

作品名:ニュー・イヤー・コンサート・1983/J.シュトラウス2世:ワルツ「ウィーンのボンボン」Op. 307 , ポルカ「ハンガリー万歳」Op. 332, ワルツ「ウィーンの森の物語」Op. 325 , 喜歌劇「ヴェネツィアの一夜」序曲, ポルカ「百発百中」Op.326, ワルツ「シトロンの花咲く国」Op. 364, 喜歌劇「インディゴと40人の盗賊」序曲, ヨーゼフ:シュトラウス:ポルカ「速達郵便で」Op. 259 , ポルカ「とんぼ」Op.204 , ポルカ「遠方から」Op.270
演奏者:L.マゼール指揮ウィーンpo. K.スヴォボダ(チター)
プレス国:フランス,France
レーベル:DGG
レコード番号:410 5161
M/S:デジタル・ステレオ,digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:青2本線, Made in France, Numerique, ブルーライン, グルーヴガード, Rights Society:DP, (P)1983(刻印はない), スタンパー/マトリクス:S1/S2(ラウンド小文字スタンパー・DGGタイプ), DGGデジタル録音を示す25***または4***で始まリ(含み)320で終わる専用スタンパーを使用, 補助マトリクス:あり, ラウンドで幅広レコード番号マトリクスなし, 1980年代のスタンパーによる1983年頃製造分, チューリップレーベル存在せず, これより古い青2本線レーベル存在しないと思われる, フランスで最古レーベル・最厚プレスと思われる, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, DGG音源の仏DGG製作プレス, フランス・オリジナル, original in Fr.
ジャケット:見開両面ツヤ背黄色, Numerique, 背文字:あリ(黒色・黄背景), 裏文字:あり(仏語タイトル), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)1983, 当社最古の裏年号:不明(記載なし), 写真:Wolter/Strindberg-Fayer.Vienne, 原画/被写体:1983年ウィーンの元旦写真, デザイン:DGG Group, ライナーノーツ:, 製作:Deutsche Grammophon Fr., 印刷:Imp. Polygram Industries Messageries, フランス・オリジナル, original in Fr.
トピックス:1983年1年1日・ウィーン・ムジークフェラインザールでのデジタル・ライヴ録音, 音響技師:Wolfgang Mitlehner, プロデューサー:Hanno Rinke, 録音監督:Wolfgang Stengel, 美術監督:Franz Neuß, 編集/マスタリング:Christopher Alder, 1983年用ニュー・イヤー・コンサート, 曲順は作品名欄の通りではない(作曲家ごとに纏めたため), 1980年からマゼールが担当・自動的にDECCA→DGGとなる, マゼールの担当した年は1980/1981/1982/1983/1984/1985/1986/1994/1996/1999/2005, フランス盤の入荷は初!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり

商品詳細: 1939年C.クラウスによって開催されたニューイヤーコンサートは、毎年1月1日の正午に始まり、1955年からはボスコフスキーが指揮。1979年まで25年間連続で行った。そのためDECCAが録音を担当。ニューイヤーコンサートといえばDECCAだった。しかし1979年を最後にマゼールが1980年から担当。自動的にDECCAからDGGに権利が移った。その後1986年までと、'94/'96/'99/2005年も担当。史上2番目に長い期間担当した指揮者となった。彼にとって通常の録音とは別の2度目の晴れ舞台。これは1983年分の録音。4年分の箱('80~'83年・3枚)もあるが、これがオリジナルの単売。マゼールのニューイヤーコンサートの中で最も希少!各国にTV中継された。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る